きんゆう女子。

女子会レポート

私らしく使う、「Myセブン銀行」ストーリー

=Sponsored Contents=このレポートは読者の金融リテラシーを上げるために、コミュニティ運営ポリシーに共感いただいている株式会社セブン銀行さんのご協力のもと作成いたしました。 きんゆう女子。with コーポレートでは、女子会やプロジェクトを通じて理解を深めながらよりよい金融サービスにするために声を届けています。

2020.11.30up!

きんゆう女子。編集部

こんにちは!きんゆう女子。編集部のきさです。


今回はセブン銀行さんと、前回の女子会にも参加されたきんゆう女子。メンバーの7名のみなさんと一緒に「Myセブン銀行」アプリの具体的な利用シーン(ストーリー)を考えました。


ちなみに前回の女子会では、「Myセブン銀行」アプリの機能をセブン銀行さんからお話いただきました。

その時の様子はこちらから


お財布から解放!? キャッシュレス・カードレスについて学びました♪with セブン銀行


「Myセブン銀行」アプリの機能のおさらい

素材提供:株式会社セブン銀行


アプリでどんなことができるかを振り返りました!


スマホだけで最短10分で口座開設できる

②  セブン銀行ATMからカード不要で入出金ができる

③  「Myセブン銀行」アプリを使って引き出したお金を、お財布に入れずに自分が使っている決済サービスへATMからそのままチャージ


参加メンバーからも、これらの使い方について共感が寄せられていました。

実際に、同僚の方に「Myセブン銀行」アプリについてお話した方や、口座を開設してみた方など、前回の女子会から変化があったメンバーさんもいました😊


事前アンケートで、メンバーの声を聴いてみました!

座談会の前に、事前アンケートを行いました。

その結果では上記1~3の使い方以外でも、「こんな時に使いたい♪」といった意見が集まったので、見ていきましょう。


「お出かけでカバンを軽くしたいとき」

スマホ決済を初めて使うとき」

「会社の近くで現金限定のお店のランチに行くとき」

その他にも、交際費や旅行用、へそくり用口座として使いたいという声もありました。


私も実際に、数年前、現金をお財布に補充し忘れてしまったときに、「お財布にお金がない」と焦って同僚にお金を借りたことがありました。

「小さいカバンでオシャレを楽しみたいけど、財布が入らなくて困る」といった悩みも解決できそうですね!





私たちが考えた新しいストーリー🌠

座談会ではキャッシュレス化が進む一方で、まだまだ現金が必要になるシーンはあるという話になり、現金を使うシーンから「Myセブン銀行」アプリが役立つストーリーを考えました。


具体的には次の2つのストーリーが浮かんできました。


ストーリー①  友達との旅行で活用👜

「旅行で神社巡りに行ったときに、お賽銭用の現金が財布にない。」

「美術館などまだ入場料が現金のみしか対応していない施設があり、完全なキャッシュレス化はまだ難しいと感じる。」

といったメンバーさんの実体験から話が広がりました。

その他にも温泉の入浴料、コインロッカーなど、まだまだ旅行で現金が必要になることが多いことが見えてきました。


**ストーリー**

友人複数と楽しみに計画した旅行当日、車中ではお金の話に。


大金を持ち歩くのは怖いし、かといってランチや施設でその都度割り勘をするのは面倒だよね。」


そこで私が会計担当になることになり、移動中にスマホから「Myセブン銀行」アプリを使って口座開設。

すぐにできた口座の番号をみんなにシェアしてその場で振込をしてもらいました。


そうこうしているうちに目的地に近い駅に到着。まずはセブン銀行ATMへ。

みんなから振り込んでもらったお金を、今日使う分のみ早速スマホだけでATMから引出します。

ついでに、ちょっと飲み物を購入。


地方では小銭が必要になることも多いから、レジでのお支払いはたまには現金で。


神社に着いたら、飲み物を購入したおつりの小銭をみんなに渡して参拝へ。

「明日も楽しい旅行が続きますように。」

最後にお守りを買って、参拝終了。


宿に到着する前にB級グルメを食べに街へ。

私がまとめて支払うから割り勘をする必要なく、お支払いがスムーズ。


無事に旅行1日目が終了。いっぱい食べて眠たくなったから今夜は早く寝ようかな。

でもせっかくのお友達との旅行。少し夜更かししちゃうかも。


明日は美術館を訪問する予定。

入場料は現金支払いのみみたいだから、明日もまずはセブン銀行ATMでお金を引き出そう。

友達とのお金のやりとりがスムーズだから、旅行を思いっきり楽しめそうだ♡





ストーリー② 夫婦の家計の管理がスムーズに💑

参加メンバーとは次に口座を開設するなら、「結婚して生活口座を作りたくなったとき」というお話になりました。

「Myセブン銀行」アプリを使うことで、残高もすぐに確認できて便利という声が上がりました。


**ストーリー**

結婚生活にようやく慣れてきて、今日はお金の管理のお話に。

これまでなんとなく、家賃は夫、日用品や食料品は私、という風になっていたけれど、

今後のことを考えると夫婦でしっかりお金の管理をできるように、生活口座セブン銀行で開設することに決めました。


日用品や食料品はセブン銀行のデビットカードでお買い物をするようになりました。

キャッシュレス化して嬉しいことは、「Myセブン銀行」アプリで、いつどこで何を買ったか確認できるようになったこと。


「Myセブン銀行」アプリから支払いの明細を見ると「デビットカード」という項目ではなく、「利用先」が表示されるから振返りがスムーズに。


支払ったその場で口座から引き落とされるから、使い過ぎの心配もなく、現金で支払うときと同じようにやりくりを考えて使えるところも嬉しい。


「今月はいつもよりちょっと上手にやりくりできたから、美味しいご飯を食べにいけそうだね。」



素材提供:株式会社セブン銀行



その他に座談会で出てきたストーリー

その他にも、もし年金の受取先をセブン銀行にできたら、自宅から近いセブン-イレブンでお買い物のついでにお金も引き出せてきっと便利だよね。という話でも盛り上がりました。

※2020年現在、セブン銀行口座で公的年金の受取りは出来ません。


まとめ✍


今回の座談会を通して、「Myセブン銀行」アプリの活用法が見えてきました。

大きく次の2つになるのではと思います。


生活口座としての銀行🏧

今の時代は、銀行口座を転職、結婚、出産などライフステージや使う場面に合わせて使い分けていくニーズが想像以上に高いことも分かってきました。

「いかに便利で使いやすいか」という視点が、これからのサービスには必要になりそうです。


現金が必要になるシーンがまだまだたくさん💰

キャッシュレス化が進んだからこそ、現金が必要になる場面が浮き彫りになってきました。

持ち歩くお金を減らしてお財布を軽くしつつ、必要なときに必要な分だけセブン銀行で引出すという使い方は、様々な年代のライフスタイルに馴染むサービスということが見えてきました。


セブン銀行さん、そして参加してくださったみなさん、たくさんの感想とご意見をありがとうございました👏





関連情報:

株式会社セブン銀行

Myセブン銀行

このレポートを書いた人

編集部きんゆう女子。編集部

きんゆう女子。コミュニティサイトを管理しています。金融・経済に関する気になったこと、みんなから寄せられた声、金融でお勤めの方や上場企業IR担当の方への取材インタビュー、イベント参加レポートなど、ゆる〜く書いていきます♪

読み込み中...。