きんゆう女子。

女子会レポート

ファッションとお金 〜資産になるアイテムしか欲しくない!?〜

ファッションとお金をテーマにバッグのシェアリングエコノミーのサービスを行われているラクサスさんにお越しいただき資産になるアイテムを考えて行きたいと思います。

2018.8.10up!

こんにちは!

きんゆう女子。編集部のまなみ&まりこです。

8月9日(木)に開催した女子会のレポートをみなさまにお届けします♪


株式会社ラクサス・テクノロジーズ(以下、ラクサス)の広報のまりなさんにゲストでお越しいただきました。


ラクサスさんは、エルメス・セリーヌなど◯十万円もするバッグを、月額6,800円で借り放題のブランドバッグのシェアリングサービスLaxus(ラクサス)と、ミュウミュウやマイケル・コースなど、トレンドを意識したブランドバッグのシェアリングサービスBaglist(バッグリスト)を展開している、今話題のシェアリングエコノミーの会社さんです。


「ものを持たない」ライフスタイル

改めて、皆さまシェアリングエコノミーってご存知ですか?

Airbnbやカーシェアリングなどが代表的なシェアリングエコノミーかと思いますが、それ以外にも、スキルや家事、そしてファッションをシェアするサービスなど色々あります。


便利に利用する側ももちろん良いし、自分の余っているものやスキルや時間をシェアしてお金を生み出す側にまわるもよし。


シェアリングエコノミーは、身近な経済だと思いました。


その中でも、ファッションの重要アイテムであるバッグのシェアリングサービスを展開するラクサスさんと「資産になる」アイテムについて考えていきます。




審査が厳しいとか手続きが面倒なのでは?

ブランドバッグを借りるとなると、審査が厳しいとか手続きが面倒なのでは?と感じる方も多いと思います。


でも、ラクサスを利用するには、アプリをダウンロードして免許証やパスポートなどの個人情報をアップするだけ。約20秒で、お気に入りのバッグをレンタルすることができるのです。


レンタル期限もないので、気に入ったバッグはずーっと持っていられるし、逆にお気に入りのバッグを色々と借りられるので、お洒落を楽しみたいきん女メンバーにはもってこいのサービスですね。


あとは、他の人が使っているバッグだと、汚れてたりしないのかな?

レンタルだと使い込んだバッグしか来ないのではないかと、心配の方にもなります。


ラクサスさんは、社内にメンテナンスチームがいらっしゃるので、一度人の手に渡ったバッグは戻ってくるたびにクリーニングとメンテナンスをしてくださるそうです。


なので、いつも新品のように綺麗にメンテナンスされたバッグが手元に届く仕組みに。


実際どんなバックが借りられるのか、今日はまりなさんが3年前から在庫入りしているバッグと、つい3ヶ月前に在庫入りしたバッグを持ってきてくださいました。


見た目には全く分からないですね!ちょっと使用感があるかな、ぐらいです。




クローゼットに眠っているバッグが資産に!?

実はラクサスさんはバッグを貸し出すサービスに加えて、持っているバッグを預けることができるラクサスXというサービスも展開されています。


ラクサスさんに自分が持っているバッグを預けて、そのバッグが他のユーザーさんに借りられると最大月2,000円の副収入が得られます。


クローゼットに眠っているバッグで、お小遣いが稼げるチャンス。


その上、ラクサスさんにバッグを預けると、専門のメンテナンスチームがクリーニングをしてくれるので貸したバッグが、貸したときよりもキレイな状態で返ってくることもあります。


お小遣いも稼げてバッグがキレイになるなんて、一石二鳥です。



資産価値の高いバックを買おう

ブランドバッグアドバイザーのまりなさんからのオススメバッグは・・・


バイヤー経験もあるまりなさんに、オススメバッグを聞いてみると、エルメス・シャネル・セリーヌは資産価値が落ちないそうです。


さらに、その中でも、シャネルのマトラッセ(キャビアスキン)や、セリーヌのマイクロショッパーの資産価値の高さは抜群のようです。


逆にフェンディはデザイン性が高くトレンドに左右されるブランドなので、ラクサスでのレンタルがオススメとのこと・・・!


なるほど〜♪(๑˃̵ᴗ˂̵)و


これからバックを買うときの「出口戦略」の参考にもなりそうです。


おいしいオリジナルマカロンを食べながらの女子会でした♪



*関連情報


ラクサスX


ラクサス

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。

[PR]