きんゆう女子。

コラム

あなたの夢を教えてください♪~「みんなを幸せにするステキな嘘」

クラウドファンディングが始まった翌日の4月1日。 エイプリルフールに合わせて、 メンバー限定 SNSハッシュタグキャンペーン ~嘘!?のようだけど叶ったらいいな♡「みんなを幸せにするステキな嘘」 をSNS上で行いました♪ その際にみなさんが書いてくださった、ステキな夢をシェアします。

2021.5.18up!

きんゆう女子。編集部

こんにちは!

きんゆう女子。編集部です。


きんゆう女子。のクラウドファンディングが始まった翌日の4月1日。
エイプリルフールに合わせて、


メンバー限定 SNSハッシュタグキャンペーン
~嘘!?のようだけど叶ったらいいな♡「みんなを幸せにするステキな嘘」


を行いました♪

その際にみなさんが書いてくださった、ステキな夢をシェアします。


🌼🌼🌼


シドニーに3億円の豪邸を購入し、シェアハウス、レンタルスペース、宿泊所、
動物のいる生活として世界中の人々に交流のスペースを提供する。
元気を与える場を作る。


🌼🌼🌼


文部科学省と金融庁の合同記者会見があり、来年度より学習指導要領に小学生から投資科目を追加。
教材は金融庁が全面的にバックアップ。
目的は国民が早くから投資を理解し、よりお金から自由に将来を選択できるようにするため。



🌼🌼🌼


自分のお家を持って留学生を受け入れて、
たくさんの忘れられない経験と思い出を作るお手伝いがしたい。
かつて私がそうしてもらったように。



🌼🌼🌼


わんちゃんに特化した投資ファンドを立ち上げました。出資者の皆さまには、
ペットのレンタル特典や、いつも看板犬がいて遊べるホテルへの宿泊優待券をお贈りします。



🌼🌼🌼


わたしの夢はFP・AFPとして、
多くの人達の金融リテラシーをあげるために
全国各地でマネーセミナーを開催することです!



🌼🌼🌼


私の夢は…沢山あるけど、保育士と並行しながら養育里親さんになって、
死ぬまで子育てしていたい(できるか分からないけども)
自分が子どもの頃たくさんの大人の人に助けられたから、
自分も子どもたちにとってそういう大人になりたいな〜☝



🌼🌼🌼


私の夢は夫と一緒にスコーン屋さんを開くこと!
大好きなスコーンを焼いてワイン好きの夫がそれにあわせたワインを選ぶ。
そんな素敵な空間を作りたいです




🌼🌼🌼


祝🌸きんじょ。ママ部部員100名♡
きんじょ。ママ博開催決定!

ゲストを招いて学びゾーン、ママに嬉しいアイテムのお試しゾーン、ママ同士のおしゃべりゾーン、
楽しいお祭りになること間違いなし!






🌼🌼🌼


わたしの夢は、時間に追われない生活を送ること。
好きなときに好きな場所で好きな仕事ができるようになりたいです。英語は苦手だけど、将来家族で海外に移住して、働けたらいいな〜🥰
昔から、スケジュール帳に予定が埋まってないと不安になるタイプ。育休中も、自粛しつつ子どもとの思い出づくりもめいっぱいしました🌷
しかし、周りからは『生き急がないで!もう少し余裕を持っていようよ』と言われることも🤣
いつもなにかに追われているような気がします。

だから、わたしの夢は毎日の生活を充実させながら、自分らしく生きること。
そのために、今できることをコツコツと実践していきたいなと思います🌼
将来のこと、家族とのこと、考えることはたくさんあるけれど、お金があった方が人生をより豊かにできると考えています✨



🌼🌼🌼


『頑張る人がほっとできる場所をつくる☕️』ことです!!

それがカフェ経営なのか、自宅に招くのか?
など全く決まってないですが!!笑

そんな想いも持ったきっかけは、母の背中を見ていて、
小さい頃から、『稼ぐことはできないけど、少しでもほっとできる空間を作って、
気持ちがハッピーになってもらえたらいいな☀️』
と思い始めたのが最初です。

美味しい紅茶と美味しいものと
ほっとする空間と、安心できる香りと、楽しい雰囲気と、
こだわり出したらキリがなさそうだなと思ってます。笑

そのために栄養士、アロマテラピー 1級は
取ったので、次はハーブかスパイスか違うもの勉強します✏️

ぜひ遊びに来てみてください!!まぁお茶でもどうぞ🍵




🌼🌼🌼


いかがでしょうか?

みなさん、「誰か」を幸せにする夢を書いてくださっていますね。

読んでいて、「ここに行ってみたい!」「こんな制度があると良いのに!」と思うことがたくさん。


みなさんの幸せの輪が広がって、もっともっとハッピーな世界になりますように🍀

そして、みなさんの夢が叶いますように🍀


夢を発信することで、応援してくれる人が増えるかも。
これからも夢を叶える土台作りとしておかねの勉強を一緒に楽しんでいきましょう。

このレポートを書いた人

編集部きんゆう女子。編集部

こんにちは!

読み込み中...。