きんゆう女子。

レポート

草食投資隊!ライブに参加してきました!

「草食投資隊」さんは、コモンズ投信会長の渋澤会長とセゾン投信社長の中野社長、レオス・キャピタルワークス代表取締役社長の藤野社長の3人で結成されています。 頑張りすぎない長期投資について優しく教えてくださいます。

2016.5.9up!

セミナー初参加!


草食投資隊!という、金融ワカラナイ女子。にはぴったりの先生たちのお勉強会です。

「30歳からはじめるお金の育て方入門」など、本も執筆され、全国を飛び回る素敵な方々です。

きんゆう女子。4人は、ほぼ初めて投資のお勉強会に参加してまいりました!

…場所は兜町のFinGATE(共同ビル)

ジャケット着て行った方がよいのだろうか…???
どきどきしながら、結局普段着のラフな服装で参加!
(๑•̀ㅂ•́)و✧

2時間、耐えられるのだろうか…。(*´﹃`*)


そんな感じでセミナーがスタートしました。

最初は、隊長の渋澤会長のお話。

銀行の発祥の地である兜町のお話からスタート。
なんと、渋澤会長のご先祖様は、第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる渋沢栄一氏です。
明治6年に銀行が兜町でスタートした時は、ベンチャー企業だった!という興味深いお話。

渋澤会長のブログ:
http://alt-talk.cocolog-nifty....

兜町で、きんゆうのお勉強をする意味がひしひしと伝わってきます。

投資は、自分から資産を遠くに投げるのではなく、英語のinvestの、in=中に入れる vest=チョッキに身につける というように成長を自分に呼び込むというのが本来の意味であると解説。

投資の本質について迫っていて、わかりやすいです。


そして、次は中野社長のお話です!

マイナス金利が発令された経緯をわかりやすくお話いただきました。
日銀が腰の重い、お金を抱えすぎている銀行に対する施策。

お金に火をつけて渡していて、このまま何もしないと、消えて無くなっちゃうよ!という意味が込められているという例えがわかりやすかったです。

ずっとデフレの社会で、現金をもっていて抱えている人だけが勝つ、そんな時代だったけれど、団塊と団塊jrの世代の抱えるお金を次の世代にうまく渡していくことがミライの日本経済成長(または維持)に必要だということです。

勇気をもって行動した人が、勝つ時代へ!


今までは何もしないことがよいこと、というデフレの時代でしたが、これからは、勇気をもって行動した人が「適正な対価をもらえる!」時代に変革しようとしている…という言葉が、いま毎日頑張っているきんゆう女子。たちには励みになりました。笑

まだ口座も何も持っていないわたしたちは、
焦って、すぐに実践を求めがちですが…


どうやるか?いくら儲けるか?

…ではなく、ミライの日本を考えて

ちゃんと経済と投資の本質のお勉強をして、
今後成長する富を生むであろうもの、ことに良い投資をして、お金を育てていきたいと思いました。

積立王子の中野社長ブログ:
http://ameblo.jp/saisonam/
(カッコイイです…❤︎笑 きんゆう女子。憧れの先生)


ひふみ投信さんは、女子向けセミナーが充実!

最後に、ひふみ投信の藤野社長のふるさと納税に関しての仕組みと、良いところのご講演!


周りがやったほうがいいよ〜といっていたふるさと納税の仕組みについて図解で教えていただきました。
投資というのは、単純に”株式”投資だけでなくいろんなお金の考え方があるのですね。

ひふみ投信セミナー:
http://123.rheos.jp/seminar/

女子向けのセミナーも多く実施しているそうで、きんゆう女子。の出張参加していきたいと思います❤︎


「@cosme(アットコスメ)」の活用法 が気になる〜〜!

お金を育てよう!

本を読んでいるだけでは頭に入ってこない、あれこれを先生たちのおかげでちょっと理解できた気がしました。

共通しているのは、成長する場所にお金を注いで、長期的にお金を育てよう!という感性でした。

一回、一回の損益を考えるのではなく、トータルで成長する…そんなイメージでしょうか?


〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。