きんゆう女子。

イベントレポート

~ネクステージ編~ 名証IR EXPO2019 はじめてのIRミニ説明会♪

去年に引き続き、きんゆう女子。IRアンバサダーのメンバーと一緒に「はじめてのIRミニ説明会」に参加いたしました。 今回選んだ6社はどの会社も名古屋にゆかりのある会社ばかり。私は中古車販売の大手企業「ネクステージ(証券コード:3186)」についてレポートしたいと思います。

2019.9.6up!

きんゆう女子。編集部

こんにちは!

きんゆう女子。編集部のさきです。


7月20日(土)、名古屋証券取引所主催で開催された"名証IR EXPO 2019"に参加してきました。

名証IR EXPOは、投資家が直接上場企業の方からお話を聞ける日本最大級のイベント。


IR EXPOは様々な都市で開催されていますが、名古屋証券取引所主催のEXPOはもっとも歴史がEXPOなんです。

東海地方に本社を置く企業を中心に94の上場企業ブースが出展していました。


私はその中で、新車、中古車の販売及び修理などを手掛ける「ネクステージ(証券コード:3186)」についてレポートしたいと思います♪



ネクステージってどんな会社?


ネクステージは、新車・中古車の販売及び修理、新車ディーラーの運営、

損害保険代理店業まで車に関する幅広い業務をワンストップで行っている会社です。


全国71拠点110店舗(2019年2月末)を運営していて2019年度中には130店舗を目指しているとのこと。


この店舗網とお店のスタイルが特徴的です。


在庫を揃えてお客様が選びやすいようにしたり、

整備や買取機能も備えたお店にしたりワンストップでお客様のニーズに答えられるように工夫されています。


ミニ説明会でも「ガソリンを入れる以外は車のことなら何でも出来る!」とお話されていたくらいで
販売だけでなく自動車保険や整備、車検、買取を強化しカーライフのほぼ全てのステージに寄り添っています。





会社概要は以下の通りです。


<会社概要>

会社名:株式会社ネクステージ
事業内容:新車、中古車の販売及び修理、新車ディーラーの運営、損害保険代理店業

設立:1998年12月

単元株数:100株

*2019年8月現在で約11万円〜株式を買うことができる

本社:愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番地 明治安田生命名古屋ビル14階
社員数      1,944名
( ※2018年11月末現在 連結、臨時従業員を除く)
資本金      31億4,486万8,485円(2018年11月末現在)



1996年に輸入車販売を目的として創業、その後1998年にネクステージが設立され

東証マザーズから東証1部・名証1部にも上場し成長を続けて創業23年目の会社です。

2017年には株式分割を2回行っており株主還元にも積極的です。



おさらいしよう!きんゆう単語♪

・株式分割(かぶしきぶんかつ)

会社が1株をいくつかに分けて買いやすくすることです。

お金が動きやすくなり期待されて株式を買う人が増えることがあります。




高い目標が成長の源泉!


実は自動車業界全体は、若者の車離れや自動車買い替えサイクルが長引いたり

カーシェアリング等の新たなサービスが登場したりと大きな環境の変化で厳しい状況です。



でも、その中でネクステージは成長を続け、増収増益を達成しています。


中古車販売と買取部門は、業界の成長が横ばいだったのに対して

前年より120%以上の利益を出していて特に順調の様子。


なぜなのでしょう・・・?


工夫された店舗の魅力などもあると思いますが、

ミニ説明会を聞いてその成長の源泉は「高く明確な目標設定」にあるのでは?と感じました。


2013年11月の決算発表で売上高2000億円を目指す「2020年ビジョン」を掲げられていました。


これもかなり高い目標設定だったと思いますが、

2019年11月期には売上高2150億円(会社予想)と1期前倒しで達成することが出来たそうです!


次の目標は「前人未踏の1兆円企業」を合言葉に2030年の売上高目標を1兆円に設定しています。


前倒して目標が達成できるように売って終わりではなく

お客様の生涯取引をサポートするビジネスモデル作りと従業員の教育がポイントのようです。


お金の流れ=キャッシュフロー表も公開されているのですが、

グラフで見てみると積極的にお金を未来の投資に使っていることが分かります。




お話を聞いていて、一致団結している組織なんだなぁと思いました。


明確なちょっと高めなゴールがあることでみんなで思い切り走ることができる・・・。


怖いけれど、挑戦してみないと達成することはできないですよね。

私自身の目標設定の時に参考にしたいと思いました。



どのような店舗を運営しているの?

ネクステージでは主に3つの店舗形態を展開しています。

これらの店舗の工夫が成長を後押ししているようです。



設備の充実した大型の「総合店」

約3000〜5000坪の敷地に300〜600台ほどの在庫を持っています。
自動車の販売のみならず、日ごろのメンテナンスから車検・買い替えまで
ワンストップで全てお任せできる充実の大型総合店舗です。
年間約2万人以上の方が来場されているそうです!


SUV専門の大型店「SUV LAND」

約3000〜5000坪の敷地に250〜400台ほどの在庫が置いてあります。
キャンプやアウトドアを思わせる店内装飾で
SUVのカーライフをイメージできるようになっています。
こちらは年間約1万人以上の方が来店されています。


大型輸入車専門店の「UNIVERSE」

約2000〜5000坪の敷地に250〜350台ほどの車があります。
「世界のクルマを届けたい」をキャッチフレーズに

憧れの輸入車ライフを初めての方でも楽しんでもらえるよう

万全のサポート体制を整えた専門店だそう!

こちらも年間1万人以上の方が訪れるということです。



その他にも、国産車専門店やボルボやフォルクスワーゲンなどの正規ディーラーを展開しています。


ワンストップというだけあって買取店もあり、車の一生がネクステージで完結する仕組みになっています。

どの店舗も「来て頂いたら必ずお気に入りの車種に出会うことが出来る」というほど

車の品ぞろえだと力強くお話されていましたので、気になってWEBサイトを見てみました。


WEBサイトでもどんな車種があるのか見ることができるのですが、

予算やボディタイプ、メーカーで自分が欲しい車を探すことが出来るのでわかりやすく在庫の多さを実感しました。


参考:ネクステージ コーポレートサイト




女性に嬉しいポイントとしては、キッズコーナーが充実しているというところ♪


家族で車を見に来ても、お子さんが泣いてゆっくりお客様が車を選べないという声から
店舗の過ごしやすい環境づくりを心がけているそうです。


大きなジャングルジムにすべり台、お子さんを連れて行っても長い時間楽しめますね!


色々な世界の車を見ることができる点も家族にとって週末の楽しみの一つになりそうです。



まとめとみんなの感想

ここで、一緒に説明会に参加したメンバーの声を紹介します♪


急成長を感じる会社、ネクステージ。

その熱量が話を聞いていたメンバーに伝わったようです。


特に「1兆円企業を目指す」という目標を印象に残ったキーワードにあげている方が多かったです。




お話されている方の一生懸命さを書いているメンバーも。

ちょっと押しの強さも感じたようですが、それも急成長しているからこそ。




ミニ説明会で最初にお話を聞いたトヨタ自動車からは「シェアする時代」の話を聞いていたので

なぜ車の販売で伸びているのだろう?という鋭い質問をするメンバーもいました。


ネクステージのご担当の方に聞くと、業界に関する情報とあわせて丁寧に教えていただきました。


その上で、こんな回答が。

「業界や市場のトレンドの影響はほとんどなく、ビジネスモデル(生涯取引・ワンストップサービス等)や出店モデル(大型店)等の戦略によるものが非常に大きいと考えております。」



このような急成長中の会社が日本経済の前向きな流れを作ってもらいたいなと思いました。

ネクステージのみなさん、ありがとうございました!



*関連情報

株式会社ネクステージ


このレポートを書いた人

編集部きんゆう女子。編集部

きんゆう女子。コミュニティサイトの編集部です。金融に関する気になったこと、イベント参加レポート等についてゆる〜く書いていきます♪

〜 #きんゆう女子 〜

読み込み中...。