きんゆう女子。

女子会レポート

わたしのキャッシュレス・ビジョン!

女子会のテーマとして新シリーズの、アクションする日♪のベーシック編、"キャッシュレス・ビジョン" お買い物も割り勘もスマホ1つでできるアプリ、Kyashさんにお越しいただきました。

2018.8.13up!

こんにちは!きんゆう女子。編集部のまなみです。

今日は8月2日の女子会のレポートをみなさまにお届けします♪


アクションする日♪のベーシック編、"キャッシュレス・ビジョン"では、株式会社Kyashの広報 原ちひろさんにお越しいただきました。


女子会ゲストご紹介♪

原さんは、証券会社で3年間営業をされ、その後広報に異動。

その後は広報でキャリアを積まれた、素敵な広報ウーマンです。

Kyashにこの6月にジョインされたそうです!


そんな原さん、ご自身のお金の管理はExcelとマネーフォワードを活用しているのだとか。


過去には生活費と貯金の割合を間違えて生活が苦しくなったこともあったり、失敗も経験。

だからこそ、しっかり家計の管理をしているのですね。


週末は登山にいくともあるというアクティブですらりとした大人な魅力の原さんに、キャッシュレスとKyashの説明をしていただきました!




「きんゆう女子。」でも何度か取り上げていますが、「Fintech」とはどういう意味かおさらいを。


Fintech = Finance(金融) + Technology(技術)の造語で、ITを駆使した革新的な金融サービスを指します。

Kyashはまさに、Fintechの1つなのです。


ウォレットアプリってなんだろう?

Kyashは、お財布として使えるウォレットアプリ。送金&決済がKyash1つでできてしまいます。


Kyashのアプリをダウンロードするとバーチャルカードが発行され、そのカードに記載の番号でオンラインでお買い物ができたりします。


クレジットカードみたいな感覚で使えちゃいます。


ただKyashの場合は、使った金額が直ぐに反映されるので

きんゆう女子。がしっかりしようとしている、お金の管理にピッタリ。




また、お友達同士でKyashをもっていたら、ランチの割り勘をしたい時や一緒にプレゼントを買ったりしてお金をお友達どうしで折半したいとき、無料ですぐに送金できるのです。


振込手数料もかからないし、すぐにお金を渡せるから友達同士のお金のやり取りもスマートですよね。

また、端数までしっかり割り勘できるので、割り勘負けなどということもないのです!笑



またつい最近、Kyashはリアルカードを発行しました。

それにより、今まではオンラインショッピングでしか使えなかったKyashですがVISA加盟店数百店舗で利用可能となりました。


Kyashリアルカードはプリペイドカードなので、端末・キャリア・年齢を問わず誰でもすぐに作ることができます。


最小限の登録で、だいたい1分くらい!


今日は原さんがリアルカードを持ってきてくださったので、みんなで早速Kyashアプリをダウンロード、キャッシュレスを体験。(もちろん任意です。)



なぜKyashは生まれたの?

最後に、Kyashが生まれた理由を原さんが教えてくれました。


もともとのキャッシュレスは、個人とお店の間で「Cash(現金)」を使わないというものです。


株式会社Kyashの代表は、個人間のお金のやりとりも「Cash(現金)」を使わず、物理的・場所的・時間的成約から解放されるサービスを作りたいと考えたそうです。


また、「ありがとう」や「頑張って」の気持ちを「お金」を使って伝えたいという思いがあり、QRコードを使って直ぐに寄付やアーティストの応援ができる様な仕組みも作っているそうです。


きんゆう女子。メンバーの感想

・2%還元のカードが手に入るチャンスがあってラッキー♪

・スマホがあれば全て完結するのは嬉しいけれど、スマホを落とした時などちょっと心配・・・

・お金について今までは考えていなかったけれど、せめて自分が使ったお金は知っておく必要がある

・個人間ですぐにやりとりできるのは便利!

・まだちょっと使いこなす自信がまだないな・・・


などなど、いろんな声が集まりました。





便利な仕組みがたくさん出ているので、自分にあったアプリやお金の使い方をこれからも学んでいきたいですね!

最後に、他にはどんな送金アプリがあるか調べて使ってみて、女子会は終了。


今日もおしゃべりはつきないのでした♪



*関連情報


Kyash

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。