きんゆう女子。

イベントレポート

ライフ&マネー Festa 女子会レポ

2018年8月25日(土)に六本木の東京ミッドタウンで開催されたライフ&マネー Festa 2018に参加しました。 今回はきんゆう女子。パビリオンの中で開催した女子会の様子をお届けします♪

2018.9.19up!

こんにちは。

きんゆう女子。編集部のさやてぃです。


2018年8月25日(土)に六本木の東京ミッドタウンで開催されたライフ&マネー Festa 2018に参加しました。
今回はきんゆう女子。パビリオンの中で開催した女子会の様子をお届けします♪


きんゆう女子。パビリオンって?


今回のイベントのテーマである「ライフ&マネー」のどちらも自分らしく、

豊かなものになるようにサポートするエリアとして、きんゆう女子。パビリオンを出展させていただきました。


パビリオンでは女子会エリアと、3つのコーナー(メイクアップコーナー、カラー&骨格診断コーナー、ファイナンシャルプランナー相談コーナー)を用意いたしました。


女子会コーナーでは全部で4つの女子会を開催しました♪

いつもの女子会は2時間ほどで1つのテーマについて学んでいますが、

きんゆう女子。パビリオンでは1回40分のショートタイムで開催しました。


3つのコーナーについては、「ライフ&マネー Festa きんゆう女子。パビリオンレポ」をご覧ください♪


Lesson1 資産になるファッションアイテム 〜新しいサービスで新しいわたしをみつけよう〜

まず最初に行った女子会は、ファッションについて!

骨格診断ファッションアナリストの みちしたゆきさん をお迎えして、

ファッションアイテムの選び方を教えていただきました。



ファッションアイテムを選ぶポイントとして、ずばり”カラー”だそうです。

似合う色を知ることで、買ったけどなんだかしっくりこない・・・というアイテムが減り、

使うアイテムだけ選ぶことができるので節約に繋がるのだそうです。


カラーは大きく分けて春・夏・秋・冬の4つのカラーバリエーションがあり、

一人ずつそれぞれ得意なカラーバリエーションが1つあると教えていただきました。


今回は診断前のカラーバリエーションの説明までを行っていただきました。

説明に使われた色見本は、色鮮やかで見ているだけで心が踊りました。


 春色は優しいパステル系の色。

 夏色は、グレーがかった淡めの優しい色。

 秋色は、枯れ葉のようなくすみがかかった大人っぽい色。

 冬色は寒色やブルー系多めの色

もし好きな色だけど似合わないと感じる服を着たい場合、自分に似合う色のネックレスやベルトなどを

差し色として取り入れることでセンス良く見えるそうです♪

私はどのカラーバリエーションが似合うのか気になりました!


カラーのお話の次は、資産になるファッションアイテムについて。

アクセサリーやブランドバッグは、時間が経っても価値が下がりにくいのだそうです。

最近はブランドバックをフリマアプリで売却したり、

シェアリングエコノミーサービスを利用して貸し出すことができるそうで、

ファッションアイテムも資産の1つだと感じました。


私は、価値も下がりにくくお洋服よりも身につける頻度が高くなるアクセサリーやバッグは

こだわっていいものを買おうと思いました。


今日聞いたお話を参考に、色も意識して買いたいです。



Lesson2 きんゆうヨガ〜おかねとわたしと向き合う時間〜


2回目の女子会では、きんゆう女子。初のヨガをテーマにした女子会を開催しました!

これまでの女子会でも、自己紹介でヨガを行っている人をお見かけすることもあり、女性に大人気のヨガ。


今回はヨガインストラクターの筒井八恵さんをお迎えして、ヨガのメソッドを教えていただきました。



ヨガは「精神」と「心」と「体」それぞれのバランスを整えることを目的としているエクササイズとのこと。

ヨガと聞くと、体を大きく伸ばすポーズをとることと思っていましたが、根幹の考え方は「バランス」ということで、体の動きそのものだけをヨガと呼ぶのではないのですね。


この女子会では、よく見かけるポーズをとるのではなく、マインドフルネス(瞑想)を行って心(感情)を整えるワークを行いました。

八恵さんに用意いただいたドライフルーツを見つめながら静かな時間を過ごし色々な感情と向き合いました。

あまり気づきたくない感情も、認めていいんだ!と思うと気持ちが軽くなりました。


マインドフルネスを始めるきっかけがこれまでなかったのですが、ドライフルーツ以外でも何かを1つ見つめればOKということで、自宅でも行うことができそうです。

私にとって初めてのマインドフルネスで、緊張しましたが自宅に帰ってもう一度行って見たいと思いました。


おかねのことを考えてもやもやすることもありますが、その時はマインドフルネスで思考をクリアにすることで、

より前向きに考えられるようになっていこうと思いました。


Lesson3 この夏はじめたい つみたてNISA〜手続き編


情報サイト「資産形成ハンドブック」などの運営をしているファイナンシャルプランナー横田健一さんから、

具体的につみたてNISAの始め方を教えていただきました。




具体的に教えていただいたつみたてNISAのアクションリストは次の4つ♪

「1.商品を選ぶ」「2.金融機関を選ぶ」「3.つみたてを開始する」「4.たまに見る」


特に「4.たまに見る」が大切だそうで、資産運用に振り回されないために3ヶ月に1回程度は「定期的に」証券会社の口座をチェックするといいそうです。


投資信託は全部で約6000本あるそうですが、つみたてNISAは金融庁さんが約150本に絞っているそうです。

でもそれでもどれを選べばいいのか迷ってしまう・・・。


そんな声に対して、横田さんから

「迷ったときには、日本の株式のみを対象とする投資信託よりも、海外も含めて世界の幅広い株式を対象とした投資信託を選ぶ方が、リスクが分散されるのでオススメですよ」

と心強いアドバイスをいただきました。

1つの参考にしたいと思います!!


金融機関を選んで口座開設・・・と思うと少し気が重たくなります。

ですが、横田さんからの回答は「無理に新しい口座を開設することはない」でした。


金融機関としては銀行か証券会社などがありますが、

つみたてNISAだけならば、例えばすでに口座を開設している銀行で手続きをすると手間もかからず済むそうです。

また、口座数を増やさずに済むので管理が楽チンとのこと。


つみたてNISAを始めるには、口座開設をしなくちゃいけない!?と思っていたのでハードルがグッと下がった気がしました。


ですが、毎月100円など少額投資から始めたい方は、一部のネット証券のみでの取り扱いのため、

その場合は、口座開設を行うといいそうです。


つみたてNISAの概要や、具体的な投資信託の選び方のアドバイスがもらえて、どうしようかな?と

悩んでいたけれど、つみたてNISA始めてみようかな?と思えた女子会でした♪


Lesson4 金運upメイク♪ 〜私でもできる、ひとくふう〜


最後の女子会では、メイクアップアーティストの成田英蘭さんから金運upメイクを教えていただきました!

みなさんメイクの方法が気になるようで、パビリオンのエリアめいいっぱいの参加者さんにお集まりいただく会となりました。



実際に、きんゆう女子。メンバーに金運upメイクを施してもらいました。


金運upメイクで大切にすることは以下の3つ

・眉を左右対称に書く

・眉マスカラを使う

・ハイライトを使う


メンバーのメイクが全て終わると、爽やかな女性らしい雰囲気になっていました。


メイク中にチークを濃く入れていましたが、ハイライトを使うことで、

ラメにより色が薄まり、さらに血色がよく見えるようになっていました。



また、ピンクシャドウ差し色として使うことで柔らかい印象になっていました。

私は、アイシャドウとしてピンクを使うと色が目立ち過ぎてしまい、

腫れぼったくなってしまうことが多かったので使い方の勉強になりました。


メイクの実践のあとは、お化粧品の管理方法についてのお話♪

綺麗にお化粧をすることも大切ですが、素肌が綺麗であることが化粧ノリをよくするということで、

お肌を守るために使用期限の過ぎている化粧品を使わないようにすることも金運upの1つの工夫だそうです。


色々と金運upメイクについて教わり明日から何を始めよう・・・と考えていたときに、

「金運upメイクの一番大切なのは笑顔です!」というメイクアップアーティストさんの言葉が印象に残りました。


習ったようにメイクを綺麗にして、笑顔が素敵な女性になり、金運upを目指したいなと思いました。


おわりに

普段より短時間の女子会でしたが、どの会もぎゅっと内容が濃い女子会となりました。

特につみたてNISAの女子会で、具体的な始め方や、アドバイスをいただいたのでスタートしたくなりました!


また、投資もですがメイクやファッションなどこれからどんなことにおかねを使って行きたいか改めて考えるいい機会になりました。





*参考情報


ライフ&マネー Festa 2018


〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。