きんゆう女子。

コラム

<4>「こどもとおかね」我が家のお小遣い事情

みなさん、お子さんへのお小遣いのルールってありますか? 我が家では、小学生のうちはとくに月額で決めず、必要な時に適正な金額を渡していました。ただ中学生になると、そうもいかなくなり我が家なりのルールを作りました。その話を少ししますね。

2018.10.29up!

こんにちは。

きんゆう女子。編集部のれいです。


みなさん、お子さんへのお小遣いのルールってありますか?

小学生の間は、お正月にもらったお年玉のうち1万円手元におき、残りは子供たち名義の銀行口座に入金していました。
自分の好きな買い物(ゲームを買うとか)は、この1万円をやりくりして過ごしていました。

ただ中学生になると友達と行動することも多くなり、好きなアーティストのライブやグッズを買うようになりました。その都度催促にくるのは、ちょっと違うと思い始めました。


そこで、お年玉の1万円はそのままキープし、年齢×100円で毎月お小遣いを渡すことにしました。

もちろんその金額ですべてのプライベートを賄うのは難しいので、あとはテストの成績であったり、イレギュラーのご褒美もあります。交通費のPASMO代も別にしています。




お小遣い制にしたタイミングで、今までお年玉を貯めていた銀行の通帳とカードも渡してあげました。(お年玉は親が搾取していたわけではないのよ~)
実はATMでお金をおろしたこともないので、教えてあげました。
最初は本人もドキドキして、ATMの前から携帯かけて確認したり、外からみたら怪しく見えちゃうっっ!と思いましたが、今ではちゃんと一人でできるようになりました。




先日、子供たちに証券口座も開設したので、今後は銀行に預けるか、証券口座に預けるかも含めて考えてもらえるといいですね。

ちょっとした我が家のお小遣い事情でした。

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。