きんゆう女子。

コラム

就活に必要なお金を計算してみました♪

就活って、実はお金がかかるのをご存知ですか? 一体何にどれくらいかかるんだろう?全部でいくら必要?と思い、調べてみたので レポートにしてみました♪

2018.11.30up!

こんにちは。

きんゆう女子。編集部のゆなです。


2018年ももうすぐ終わりますね。

年が明けるとやってくる就職活動の時期。


そろそろ就活情報解禁に向けて、少しずつ準備を始めている就活生もいるかと思います。


就活って、意外とおかねがかかるのはご存知ですか?

実は私も来年から本格的に就活生の仲間入りなのです。


そこで、どれくらいお金が必要なんだろう・・・?と思いましたので、レポートにまとめてみました。




何にお金がかかるの?

そもそも就活って、何にお金がかかるのでしょうか。 


*みだしなみのためのお金


リクルートスーツやビジネスバッグなどの衣類が、一番最初にお金が必要になってくるところなのかなと思います。

スーツは最低2着くらいは用意しておきたいところ。


また、女性はストッキングが必要不可欠なので、履きなれていない人は

破ってしまうことも見越してたくさん買わないといけませんね。


また、履歴書に添付する証明写真も必要になります。



*交通費


みだしなみのためのお金の次にかかるのが交通費です。


普段の学生生活と違って、説明会やセミナーなどで外出する機会が増えます。

説明会は学校の定期圏外だったりすることも多そうで、予想以上に交通費がかかりそうです。

タクシーを使って一日に何社もまわらなければいけない日もあるかもしれません。


*食費


外食する機会が増えます。

就活仲間とランチに行くこともあって息抜きになりつつ出費はかさみそうです。


*その他
そのほかに、地方から都内で就活をする人は宿泊費がかかりますし、もちろん往復の交通費もかかります。
(中には、会社が交通費を負担する。という場合もあるようです。)



このようにあげてみると、意外とお金がかかることがわかりました。



計算してみましょう。

では、実際に何にどれくらいかかるかを見ていきながら、

大体どれくらいのお金がかかるのかを計算していきましょう。


まずはみだしなみのおかねから。


 リクルートスーツ:約20,000円 

 シャツ     :約2,000円 

 ビジネスバッグ :約5,000円~10,000円 

 靴       :5,000円~10,000円 

 証明写真(10枚) :5000円

 その他小物代  :5,000円~10,000円 


スーツは2着、シャツは4,5枚買うと想定して、みだしなみのために大体80,000円~100,000円前後かかることがわかります。



続いて交通費。


選考を受ける企業数や面接回数は人によって異なりますが、大体一回の往復の交通費が約1,000円だと考えると、

毎月15日就活をするとしたら、3か月で45,000円前後になります。

それに加えてもしタクシーに乗る場合を考えると大体かかる交通費は

1回あたり1,000円〜2,000円くらいかかりそうですね。 

都内の初乗りは410円なので、急いでいるときは都内の移動は便利かも



食費は、大体一食700円~1,000円だと考えて、10回の外食で約7,000円~1,000円前後に。 

ただファストフードにしようかなと思っても、近くにない・・・なんてこともありそうですね。


そう考えると就活のたびに食事しないとはいえ3ヶ月で、20,000円~30,000円程度の食費がかかることがわかります。


私は疲れたりすると甘いおやつが食べたくなってしまうので、おやつ代で5,000円もプラスして考えます。笑 



上記で述べたモノすべて合計してみると・・なんと内定をもらえるまでに約200,000円前後かかることがわかりました。


さらに、地方学生が遠方の企業を受けるとなると、宿泊費もかかってきます。


就活を始める前から胃が痛くなってきました・・・。笑



就活って、とてもお金がかかるんですね。




終わりに


就活が始まると急に面接が入ったりすることがあるため、アルバイトなど予定を組むのが難しくなってくると思います。

ランチを外食ではなく水筒と弁当にしたり、歩ける距離なら電車を使わず歩いてみたり、古いかもしれませんが平日回数券を利用してみたり、少しでも出費を抑えるような、ちょっとした節約術を考えてみるのもいいかもしれません。



思う存分就活に打ち込めるよう、就活が本格化する前に今からお金を貯めておこうと思いました。

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。

[PR]