きんゆう女子。

女子会レポート

きんゆう単語帳 〜市場についてお勉強♪〜

女子会で人気のテーマ、きんゆう単語帳を7月26日に開催しました♪今回はきんゆう市場について東京証券取引所 金融リテラシーサポート部の石田さんから教えていただいたのでレポートいたします。

2018.8.23up!

こんにちは。

きんゆう女子。編集部のケイティです。


7月26日に「きんゆう単語帳〜きんゆう市場ってどんなところ?〜」をテーマに女子会を開催しました。



今回のきんゆう単語はこの5つ


ゲストに東京証券取引所 金融リテラシーサポート部の石田さんをお迎えし、以下の5つの単語を教わりました。


*東証
*マザーズ
*JQ (JASDAQ)
*市場第一部・市場第二部
*金融市場


どれも、難しそう・・・・!

でも、金融の世界においては一つ一つどれも大事な単語です。


金融市場を結婚に例えると・・・?!


5つの単語のうち私が特に印象に残ったのは「金融市場」の種類である、「発行市場」と「流通市場」のお話です。


「発行市場」:おかねを借りる人(証券を"発行"する人)が起業家さんや法人さん、おかね貸すが投資家さんの市場

「流通市場」:証券を買う人も売る人も投資家さんの市場


石田さんから「流通市場がなく、発行市場だけの状態は"離婚ができない結婚"と同じようなことだよ。」と教えていただき、とてもよくわかりました。


「流通市場」があることでいつでも売れるという安心感が生まれるのですね。



日本とアメリカの経済成長の違いも教えていただきました!


石田さんから、5つの単語以外にも投資の面白いお話を教えていただきました♪

アメリカと日本で会社の成長方法が全く異なるのだそうです。


日本は長く存続させることを大切にする会社が多いのだそうです。

経営危機に直面をするとサービスを新規で作ったり方向転換をして継続させようとしているとのこと。

そのため、株価が安定しやすいそうです。


一方で、アメリカは会社が成長しきって目標を達成したと思ったら、会社を解散させて、

退社した人たちが散り散りに新しい会社を立ち上げることもあるとのこと。


そのため、投資家からの期待値が高くなりやすいそうです。




この文化の違いは時価総額(株式の総額)に現れるそうで、

トヨタ自動車(銘柄コード:7203)の時価総額は21兆円ほどですが、

アップル(銘柄コード:AAPL)はなんと90兆円ほど!(2018年7月時点)


4倍以上違うんですね∑(゚Д゚)


これまでも、女子会のゲストさんから、「異なる地域に分散投資をするといい」というお話を聞いてましたが、

それはドル・円の為替以外にも、国による会社の成長方法の違いもあるからだということがわかりました。


まとめ


今回の女子会に参加して、知っているようで知らない単語も多く、とても勉強になりました。


メンバーからも感想をたくさんいただきました!


一部をご紹介。

今後勉強したい単語で、「企業価値の考え方」というメモを発見。



こんなイベントや女子会をしたいというアイディアも。

ゆるキャラとの交流会、いいですね♪




私も、日本とアメリカの文化の違いが株価にも現れることにとても驚きました。

その他の海外の会社の成長に関する考え方も知りたくなり、気持ちが世界に向くようになりました。


石田さん、お忙しいところ丁寧に教えていただき、ありがとうございました!

きんゆうの歴史についても詳しい石田さんには、歴史の勉強会のゲストにもお越しいただいています。




*参考情報


東京証券取引所


*参考レポート


きんゆう単語帳。 〜金融・経済ニュースに耳なれするために〜




〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。