きんゆう女子。

女子会レポート

きんゆう単語帳。 〜金融・経済ニュースに耳なれするために〜

面白いなぁ〜と思いつつも、つまらない・ムズカシイと感じて、アクションできないとか、つまづく理由のひとつが、聞きなれない”専門用語”です。そういった”単語”がもし少しでも耳慣れしていたら!勉強会や金融・経済ニュースも少しは楽しめるかもしれません・・・?!

2018.5.5up!

こんにちは。
きんゆう女子。編集部のけいと&まりこです。


最近「きんゆう単語帳」という女子会をスタートいたしました。

経済ニュースを楽しめることを目標にちょっとステップアップした内容です。


(もちろん、金融はじめてさんも大歓迎です♡)

過去2回のゲストには、日本証券アナリスト協会さんにお越しいただきました!

このレポートでは勉強した単語をちょこっとおさらいします♪


撮影:きんゆう女子。
このボードがすらすら分かるようになったら新しい世界が見えるのかな?!



1回目の単語は、次の5つ。
*【市場】【始値/終値】【高値/安値】【日経平均株価】【NYダウ】


受験勉強で英単語を覚えていた、若かりしあの時代、、、。


ひとつの単語を覚えるのではなくて、それに関連した単語を覚えていくことで、たくさん覚えられるし記憶も定着しやすい。あの感じ!(・◡・)


他のメンバーさんの質問や、それに関する回答を聞きながら耳慣れしていきました!


撮影:きんゆう女子。



....φ(・_・*)


私たちなりにこの5つの単語をわかりやすく食べ物(野菜)にざっくり例えてみました。

(野菜=株式と例えています)


【市場】いわゆるスーパーや八百屋さん、野菜を売っている場所

【始値/終値】スーパーがオープンした時間の野菜の値段とクローズした時の値段

【高値/安値】スーパーが空いている時に一番高い値段と安い値段

【日経平均株価】売れ筋(優秀な)野菜の平均の値段

【NYダウ】アメリカの売れ筋(優秀な)野菜の平均の値段


!!注意!!
あくまでもワカラナイ女子的解釈が含まれます。一つの考え方としてお楽しみください♡


きちんとした意味は、こちらの東京証券取引所HP内の用語集を参照してみてね。


撮影:きんゆう女子。
みんなでわいわい♪


 こんな風に聞いたことがあっても分からなかった単語や初めて聞く単語も向き合ってみると、楽しい。

ワカラナイ女子からワカル女子に変身した気分です(*゚∀゚*)

撮影:きんゆう女子。
単語から広がる世界があります。



そして、2回目の女子会で取り上げた単語はこの5つ。これもよくニュースで見かけますね。

*【金利】【相場】【為替】【現物】【先物】


ゲストには、1回目と同じく日本証券アナリスト協会から前原さんにお越しいただきました。

前のめりに耳を傾け、ちょっと気になったことも気軽にその場で質問しました♪


私は特に金利の話を聞いて一つの単語からこれほど金融の世界が広がるのか!と感動しました。「現物」「先物」のお話では、お餅屋さんと米屋さんのお話を例に教えていただき面白かったです。


また、私が今回参考にした用語集は野村證券 用語集と日本銀行のお金のポータルサイト知るぽるとです。


おかた〜い内容もありますが、重宝しています。

(東証さんのHPは、難しい単語がさらに多く金利の用語説明はありませんでした・・・。)


撮影:きんゆう女子。
カフェラテとともに、もうちょっと深掘り。



そしてもうちょっと!私たちが深掘りしたい単語をさらに調べてみました♪

金利からの、きんゆう歴史です。


【金利】

・きんゆう界 お金科 数字属 きんゆう単語の一種。

・仲間:利息、利子、年利、利子率、利率、利回り、割引率

・英語:interest rate

きんゆう単語は英語にしてみると、意外にイメージがつきやすいかも!?
興味関心=利害関係=需要と供給の一致という感じです。


!!注意!!

あくまでもワカラナイ女子的解釈が含まれます。一つの考え方としてお楽しみください♡



1)お金の利率にも使われるので覚えておきましょう。

この単語の仲間で年利という単語もカードの分割払いなどでよく見かけます。この単語に紐付く数字は高すぎる場合は要注意です。家計の管理や判断の軸になる数字です。



2)お金を貸し借りする時にかかる手数料。
野菜も農家からスーパーに到着すると利益が上乗せされていますが、金融商品も同じように手数料がかかります。需要と供給によって決まるのも他の商品と同じ。

借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分ける場合もあります。


銀行に預けておいてもらうのは利息。でも、ゆうちょ銀行はちょっと変わっていて、利子というそうです。預金と貯金も厳密には違って、銀行に預けることは預金。ゆうちょ銀行にお金を預けることを貯金なんだそう。

私たちにとっては、「貯金」という言葉が馴染深いですよね。


きんゆうの歴史を紐解くと、この差はなぜなのか理由が見えてきました。


撮影:きんゆう女子。
日本銀行見学に行った時のスタンプ。日本銀行は物価の安定や金融システムの安定を目的に第一国立銀行ができたあとの1882年に設立。引用元:教えて!にちぎん



かつての郵便貯金は一般人対象としてスタート。


1871年に今の日本郵政が創業しているのですが、実はこの明治時代になって貯金しようという道徳教育が日本で広まり始めました。それまでは自給自足な農民が多かったのでお金を貯めるという文化は、一般的ではなかったようです。



一方で銀行は、商売人や企業が対象でした。


預ける最低金額が決まっていたので、一般庶民は気軽には使えませんでした。この頃から、商売人と企業は銀行にお金を預けて融資を受けたりしてビジネスをしていたのですね。


ちなみに日本で最初の銀行は、1873年に設立された第一国立銀行で兜町で生まれました。


統一金融機関コードは、0001!今のみずほ銀行です。


撮影:きんゆう女子。


歴史を振り返ってみると、私たちは新たな金融の歴史が変わっているタイミングに生きていると思いました。


自給自足まではいかないにしても、自分の身は自分で守る、自分の資産は自分で作る。そんな時代に変わってきていると実感しました。



歴史と金融ってとっつきにくいですが、分かるとなるほど!と思うことがたくさん。


そして難しい単語も何度か出会うと、愛着が湧いてきますね(*˘︶˘*).。.:*♡

今後もきんゆう女子。ではワカラナイ女子たちが一歩でも前進できるような女子会を開催していきます。


お金に強くなって、等身大に人生を楽しみましょう。



*関連情報


日本証券アナリスト協会


〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。