きんゆう女子。

女子会レポート

きんゆう女子。学院*1日目 2020〜春〜

こんにちは!きんゆう女子。編集部のきさです! 4月16日(木)のきんゆう女子。学院に参加しましたので、その様子をお伝えします!

2020.5.11up!

Kisa

こんにちは!きんゆう女子。オフィシャルメンバーのきさです!
4月16日(木)のきんゆう女子。学院に参加しましたので、その様子をお伝えします!


きんゆう女子。学院とは?

きんゆう女子。学院では、今後のライフプランを考えながら基本的な金融リテラシー、資産づくりのベビーステップを学校スタイルで学んでいきます。


過去にこれまでのきんゆう女子。学院の様子はこちらのレポート一覧からご覧ください。


2019年10月に開催したきんゆう女子。学院~秋~の様子



今回は初のオンライン開催!


新型コロナウイルスの影響を踏まえ、オンライン開催となりました。

オンライン会議アプリZoomを使うと最大100名の方と同じ時間を共有できます。


私もおうちにいるこの機会だからこそ、金融知識をインプットするチャンス!と思い参加を決めました。

東京以外にも北海道や海外からのメンバーが集まり、過去最多の71名の方から申込みがあったそうです。


オンライン講座ってどんな雰囲気?って気になる方も多いのではないでしょうか。

私が実際に参加してみて感じたオンラインのメリットデメリットは次の通りです。


メリット
・全国、海外問わずどこからでも女子会に参加できる。
・お子さんがいる方も参加しやすい。(実際にママさんも3名ほど参加していました!)

・会場までの移動がないため時間を有効活用できる!

・チャット機能を使って、ゲストへの質問やメンバー同士の交流ができる。


デメリット
・オンライン会議システムの設定をするのが少し手間。(一度覚えたら次回からは少しスムーズにできそう。)

・通信環境によっては音声や動画が途切れることがある。
・発言するタイミングがカフェの女子会よりむずかしい。
・顔をだすのが恥ずかしい…(笑)(参加者の設定でカメラをオフにもできます。)


気になる第1回目の気になる授業…♡


前半のゲストは、株式会社ウェルスペントの横田健一さん。

独立系ファイナンシャルプランナーとして、個人の方のお金の相談にのったり、外部講師として活躍されています。

横田さんからは「ライフプランニング」を学びました。

未来にいくらお金が必要かが見えてくるので、貯金額や資産づくりの方法も具体的に考えやすくなります。


特に「お金は4つに管理」と「時間の使いかた」のお話が印象に残りました。



Zoomでは「バーチャル背景」機能で、自宅の背景を変更できます♪



お金は4つに分けて管理

今ある資産を、次の4つに分けて考えるのが良いそうです◎


①普段使うお金(日常生活費)
1.5か月程度の生活資金を現金もしくは預貯金で保有


②とっておくお金(生活防衛資金)
1年程度の生活資金を預貯金や個人向け国債などの元本保証商品で保有


③もうすぐ使うお金(ライフイベント準備金)
3年以内に必要となる資金(結婚、出産、住宅購入預金、車の買い替え資金、独立資金など)を預貯金や個人向け国債などの元本保証商品で保有


④老後に使うお金
他の3つに当てはまらないお金を安全資産+資産運用(元本保証商品+投資信託)として保有


私はこの考え方を知ったことで、今まで“どれだけのお金を投資に費やしたらいいかわらない”といった不安を、
少し解消できた気がします!

さっそく週末時間があったので、自分の資産を振り分けてみました。


その他にも、4つを具体的にどの銀行口座で管理するか、銀行口座の選び方は?などチャットで盛り上がりました。


時間の使い方


人生は、睡眠、仕事、教育の時間をのぞく残りの54%が私たちが自由に使える時間だそうです!


これを多い・少ないと捉えるのは人それぞれですが、みんな自由時間にやりたいことは?という質問には、

「旅行に行きたい」「定年後も楽しめる趣味が欲しい」などチャットでメンバーからお返事があり盛り上がりました。


ちなみに私も旅行が大好きなので、早くまた日常の生活に戻ってほしいです><



後半はみんなで人生のデザインタイム



後半のゲストは、イラストレーターののっちさん

のっちさんは、パラレルでお仕事をしていて、お仕事の1つにグラフィックレコーディングも行っています。


グラフィックレコーディングとは、会議や打ち合わせの内容を、リアルタイムでイラスト・図を使って見える化することを言います。

議事録とは違い、図とイラストだと一目みるだけで打合せを振り返ることができるというメリットがあります。


今回はのっちさんから簡単にかけるイラストの描き方を学び、自分たちのイラストとともに理想のライフプランをみんなで描いてみました♪


イラストの描き方のコツを教わり、メンバーからも「イラストを描くのが苦手だったけれど描きやすくなった!」というコメントが多く寄せられました。


実際に何名かのメンバーに目標を聞いてみました。


「将来副業したいな。」

「趣味(料理、お菓子づくり)を活かして将来は、外国人のお友達と料理をしたいです。」


メンバーの目標を聞くと、「私も自分の目標として追加したい」という項目もあり参考になりました。






目標をシェアしながら、自分のスキルを活かした副業をしたい!というお話でも盛り上がりました。


編集部からは、オンラインで次のようなサービスを提供する側になれる仕組みがあるから活用してみては?というお話もありました。


ココナラ・・・「知識・スキル・経験」を気軽に売り買いできるプラットフォーム
minne ・・・ハンドメイド商品を売ったり買ったりできるプラットフォーム
ビザスク・・・「その道のプロ」として登録したり、プロに相談できるスポットコンサルサービス


私も気になるサービスをいくつか見てみたいと思います。


おわりに


初めてきんゆう女子。学院に参加しましたが、“金融ワラカナイ女子”の私でも優しい内容に安心。


初回は“どんな未来にしていきたいか”を考える時間が多かったため、ワクワクしながらワークに取り組みました。


お金の現実に向き合うのは少し勇気がいりますが…(笑)

おうち時間を使って自分の資産の見直しをこの機に頑張りたいと思います!


カメラをONにしておしゃべりを一緒に楽しんでくれる方が増えていくと、よりメンバーとの仲が深まるなと思いました。



このレポートを書いた人

オフィシャルメンバーKisa

2017年よりきんゆう女子に参加!現在はPRのフリーランスとして活動しながらコツコツきんゆうを勉強中。きんゆう女子。コミュニティでは、名古屋と東京でコミュニティ運営に関わっています。

読み込み中...。