イベントレポート

JPX*マネースクール2回目のレポート

7月12日(水)に『JPX*マネースクール -ロボアドとミライの資産形成-』2日目が東京証券取引所で開催されました。平日の夜にもかかわらず、多くの人が参加してくれました!残り30分という時間になっても仕事終わりで駆けつけてくれた人もいて、会場は遅くまで勉強する人でいっぱいでした。

2017/7/19

今回はメンバーのゆずがレポートしていきます。


いよいよスタート!

まずはキホンを学んでいきます。2回目のハイライトは、漫画家の三田先生です。


東証の村田さんからひとこと♪

東証さんからのご挨拶ではじまった『JPX*マネースクール』。株式会社東京証券取引所 執行役員の村田雅幸さんから、今日をきっかけに小さな一歩を踏み出してほしいと話がありました。


東証さんは、ただ取引所としてお金のプロたちと働くだけでなく、まだまだお金のことがよくわからないと言った人のためにもこういったお勉強の機会を作ってくれています。


『JPX*マネースクール』以外でも、JPXアカデミーなどお金の勉強ができるイベントをたくさん開催しているようです。


マンガで勉強しよう!

『ドラゴン桜』で有名な漫画家三田紀房さんがスペシャルゲストとして登場!


三田さんは投資をテーマにした漫画「インベスターZ」を描いている漫画家さん。モーニングで連載していたものが今度単行本化するようです。「インベスターZ」は中学1年生が10万円から投資にチャレンジするという話。

漫画の中では中学1年生の子が女子投資部を立ち上げて、株ってどういうもの?株に投資するには?というところからスタートするので、本当のスタートラインから株を始める第一歩までがよくわかるお話になっているそう。女子投資部って面白そう!


女子投資部の中で「マイルールを決めよう!」という話になって、行列に並ばないとか食べたいモノはハッキリ言うとかいろんなマイルールを女子投資部員たちは持つことになるのですが、マイルールを作ることって投資でもとっても大事なことなんだそう。


周りの人につられて行動しないとかブレない芯をもつことがとっても大事なんだとおっしゃっていました。

撮影:きんゆう女子。編集部
マイルール編、とても面白いのであっという間に読んでしまいました!



撮影:きんゆう女子。
三田先生のお話は、漫画とも連動していておもしろかったです!

三田先生から非常に印象に残るお話が…。

三田先生がロサンゼルスへ行ったときのこと。


観光で高級デパートの有名なカフェテリアでランチをしたときに、周りのお客さんがほとんどおばあちゃんたちだったのだそう。でもみんな、身なりに気を使ってキレイに髪をまとめていたり、指輪やネックレスなど高価なものをつけたりしていてとてもキラキラしていました。


どうしてこんなにみんなお金持ちなの?と思った三田さんに同行した人が教えてくれた話だと、ここで楽しそうにキラキラとしている女性たちはみんな、株や債券、投資信託などの利回りでステキな生活ができているのだということでした。


日本ではまだまだ投資というと「怖いもの」というイメージがありますが、アメリカでは投資は「当たりまえ」のこと。ただお金を貯めていても低金利であまりお金が増えない日本では投資が有効なんだとか。


三田先生は、女性は絶対にお金持ちでリッチにならなきゃダメ!キレイに年を重ねるためにリッチになりなさい!と喝を入れてくれました。わたしたちも、いくつになってもキレイでいたいですもんね。がんばってお金の勉強をしようと強く思ったお話でした。


撮影:きんゆう女子。
こんなイメージでしょうか??憧れのゆったりセカンドライフ。


投資を勉強する前の導入編へ

日本取引所グループ 広報IR部の井澤さんと、きんゆう女子。代表による『基本マネーレッスン』


株式会社日本取引所グループの広報IR部でバリバリ働く井澤郁恵さんと、きんゆう女子。代表の鈴木による基本マネーレッスン。わたしたちではわからない単語が出てくるのでは?と覚悟していましたが、難しい言葉を使わずにわかりやすく説明してくれました。


井澤さんは取引所で働いているだけでなく13年の経験を持つベテラン個人投資家でもあるとのことで、投資を始めるときのポイントをいろいろと教えてもらいました。


投資は残ったお金を未来のために貯めていくことで、使うお金はしっかり使って残すお金をもっと上手に使っていこうという発想で始めることが大事、と井澤さん。


投資初心者によくある「投資に回すお金がない」という悩みには、今は投資に必要な金額が少しずつ下がってきて、100円からでも始められる証券会社さんがあるということを教えてくれました。たしかに100円からだったらわたしでも始められそう!


でも忙しくて投資に使える時間がないという人、もしくは投資商品があまりに多すぎて何を選べばいいかわからないという人もいますよね。そんな人にオススメなのがロボアドなのだとか…。


もっと井澤さんの話が聞きたくなりました!また、実際にどうやって投資を始めたらいいのか具体的に知りたくなりました。7月22日(土)の体験イベントでは、わたしも実践してみたいと思います。


撮影:きんゆう女子。
真剣にみんな聞いています。

ロボアドって?

次は、マネックス証券の斎藤さんがロドアドについて教えてくれました。


マネックス証券マネックス・ラボの斎藤さんに『ロボアドの基本』を教えてもらいました!


ロボアドって最近よく聞くようになった言葉ですが、一体どういうものなの?私でも使えるの?どういう人に向いているの?どういう人が向いていないの?など、いろんなわからないことが…。


ロボアドって簡単に言ってみればロボットがわたしが投資するべき商品を教えてくれるサービスのようです。


ただ注意したいのは短期的なアドバイスをするわけではなく、あくまで長期的なアドバイスをしてくれるというところ。ゆっくり時間をかけてお金を育てていくためのパートナーという位置づけのようです。


株ばかりに投資するんじゃなくて債券や投資信託も買った方がいいよ!というアドバイスや、ちょっと債券の比率が高くなりすぎているからほかの商品を買った方がいいよ!というアドバイスをしてくれて、かつ発注までしてくれるロボアドもあるようです。


たしかに発注ミスもなくなるし、忙しくて注文している暇なんてない!という人に向いているみたいです。


撮影:きんゆう女子。
ちょっと難しい言葉もありました!


主要なロボアドバイザーの会社が紹介されました。

・ウェルスナビ(マメタス)・・・おまかせ

・エイト証券(クロエ)・・・おまかせ

・お金のデザイン(THEO)・・・おまかせ

・マネックス・セゾン・バンガード(MSV LIFE)・・・おまかせ

・楽天証券(楽ラップ)・・・おまかせ

・カブドットコム証券(FUND ME)・・・アドバイス

・大和証券投資信託(iFree)・・・アドバイス

・野村アセットマネジメント(Funds Robo)・・・アドバイス

・松井証券(投信工房)・・・アドバイス

・三菱UFJ国際投信(ポートスター)・・・アドバイス

※他にもいろいろあるようです!

お金の不安と現実と向き合おう

お金のデザイン 藤本あゆみさんがお金にまつわる不安の解決法を教えてくれました。


お金に関する色んな不安を思い浮かべながら藤本さんのお話しを聞いていました。そんな中、藤本さんははっきりと「実はもうこれ以上給与は上がらない」と言ってくれました。はっきり言われると前を向くしかないという気持ちになりますね!


年金ももらえない、貯金は増えない、そして給与は上がらない…でも、100歳まで生きるような世の中になったからお金が足りない、というのが現実だそう。確かに、今の若い世代は年金がもらえないのでは?という不安が心の奥底に渦巻いています。お金を賢くコントロールして、将来の不安を取り除くしかないと藤本さんは言います。


そのお金のコントロールとは…投資は確かに危険がつきものだけれど、お金が減るリスクを小さくことはできるということ。つまり、極力リスクを抑えながらお金を効率よく増やしていく方法を探していくことが大事なんですね。


わたしたちも投資を「怖い」と思ってばかりではなく、しっかり向き合わないともっと怖いことが待っているかも……。という気持ちになりました。


撮影:きんゆう女子。
現実と向き合うことが重要。投資はすごく儲かるものではない。地味だけどだから長く付き合おう。

投資の「怖い」がちょっと薄まったイベントでした!

お話しを聞いていると「意外と投資って怖くないのかも?」「ちゃんと勉強すればリスクを減らせるのかも?」と思えるお話しばかりでした。


それと同時に、なんだか現実を見せられるお話もたくさん…。

( ;  ; )


これまで以上に、「お金のことを勉強する大切さ」を実感したイベントでした。


次回は7月22日(土)です!

より、具体的に実践も兼ねた内容になっているようなので、これを機会にしっかり情報を集めたいと思います。


デザートを食べながらの交流会や、お金のプロたちのお話が一気に聞くことができて盛りだくさん。

楽しみです♪


撮影:きんゆう女子。


*関連情報


JPX*マネースクール

きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より