イベントレポート

東証さんと川崎貴子さんの教える人生とお金。

川崎貴子さんをゲストにお迎えしSpecialイベントを実施したレポートです。 自分には遠いと感じる「投資」や「お金」のことも、人生を大きく変える結婚と合わせて考えると身に入ってくるかも…?株も結婚相手も自分にあった方を選びたい、失敗をしたくない(笑)そんなよくばり女子たちにアドバイスをいただきました。

2017/2/19

撮影:きんゆう女子。



<イベントレポート>東証さんに教えてもらう婚活と結婚と投資の必勝法!

毎週木曜日19:30〜に、兜町・茅場町で行っている女子主体の金融を勉強するコミュニティ

「きんゆう女子。」。今回は発足以来の最大級の豪華な女子会になりました。

今回はメンバーまみちゃんからの詳細レポートです。


講師は、結婚や人生に詳しい方々・・・!


講師ご紹介

【挙式/結婚のあれこれ】
T&G/佐伯さん:プランナー、人事を経て、広報。

アールイズ・ウエディング/柳澤さん:広報。元証券会社から現職に。


【婚活と結婚と投資の必勝法】
川崎貴子さん:株式会社ジョヤンテ 代表 

2014年より株式会社ninoya取締役を兼任し、ブログ「酒と泪と女と女」を執筆。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。2月にはキャリア女性のための婚活サイト:キャリ婚をリリースし、ますます大人女子の憧れの女性に。

石田慈宏さん:東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 課長
見学やセミナーを通じて個人投資家の金融教育を行う方。熱心に真面目に面白いことをお話しされることできんゆう女子。編集部に圧倒的な人気がある。



兜町に集まった女性たちは30名ほど!


豪華な先生陣に、みんな始まる前から前のめりにお話を聞く体制です。笑

どんなお話が聞けるのでしょうか?!


まず、最近の結婚・挙式トレンドを勉強

まず、結婚・挙式のトレンドを教えてもらいました。

婚姻組数は下降トレンドだけど出生率、再婚率ともにアップ。

晩婚も増加しているとのこと。


一方で「なし婚」層が増えているようです。

いわゆる、挙式をあげないスタイルの結婚のことで、

『お金かかるから』という理由が80%を占めています。

加えて全体の25%がマタニティーウエディング。


これは、結婚するきっかけが必要ということなのでしょうか・・・!



▶平均の結婚年齢:新郎30.5歳、新婦28.8% (※関東平均、T&G調べ)


晩婚とは言え、平均するとやはりアラサーなんですね。

(わ、私…もう過ぎている。苦笑)



▶結婚の意味:「結婚相手との価値観のすり合わせ」と言える

佐伯さん:結婚の準備を行っていく中で相手のことを理解でき、たくさんの苦悩を乗り越え、相手の根幹を知ることができる、それが、結婚。

喧嘩をするけど、その喧嘩1つ1つに意味があって絆が深まるのです。

なんとも夢のある、理想的なお話です。


結婚式っていくらお金が掛かるんだろう?

平均データをもとに結婚に掛かる費用をざっくりおさらい。

一生に1回だし、その時にならないと知らないことだっただけに「高い〜!」と、

衝撃なこともいっぱいありました。



▶国内ウエディングに掛かるお金平均データ
総合費用:関東平均385.5万円、全国平均359.7万円 



▶どうやってお金を用意するか平均データ
ご祝儀+親からの援助+2人の貯蓄=385.5万円(総合費用平均)
└ご祝儀3万円×68.6人(平均招待人数)=206万円
└親からの援助=166.9万円(※T&G調べ)

招待客数平均68.6人(※T&G調べ)と親からの援助でお金を用意しているというデータがあるようで、これってつまり、2人の貯蓄は13万円ぐらいで結婚式は挙げられる!? って計算。


別途、指輪代やお心付けなどかかるとしても、びっくり。


でも、実際には最低でも150万は貯金しておくと良いとアドバイスいただきました。

あんまりご祝儀を当てにしすぎても窮屈な挙式になりそうですし、そういう観点でご招待したくないですね。



▶ブライダルローンとは:

通常、会場への支払いは式の1、2週間前の前払いがほとんどですのでご祝儀を挙式に当てたくても実際はお金がないということも。また、ちょっとお金に余裕がないけど、絶対この時期に挙式をあげたい!方には、ブライダルローンも選択肢の一つ。

挙式後すぐに支払う手数料不要のサービスもあり、T&Gに来るお客様の50%がブライダルローンを活用しているそうです。



▶結婚資金の貯金のコツ:
結婚式用の2人の口座を作ったりすることが多く普通の貯金と分けること。
お金の話をすると人の本質が出てくるので(笑)相手を知るためのとても大切な時間。



▶リゾートウェディングの平均費用:
平均204万円。挙式代金160万円、旅行代44万円。

10〜12名ぐらいの招待で旅行代がご祝儀というかたちが多い。親の援助が平均して受けられると旅行代くらいでリゾートウェディングも夢じゃない?



▶結婚式をお得にする方法:
一番大事なのは相手とどこに力を入れたいか話し、優先順位を決めること。そして、それをプランナーに伝えること。時期や装飾もあまりこだわりすぎないこと。

お料理は、男性はそんなに食べないので量を抑えたり、ペーバーアイテム(席次表、招待状)は自分たちで手作りしたり。


きんゆう女子。編集部としてはどんな会社に依頼するか、会社やプランナー選びも結構重要だと思いました。


金融も何人かのファイナンシャルプランナーや会社を比較したり、複数人意見を聞くことで質も料金も自分に合うスタイルが見つかります。



お得にする具体的な方法はこちらの女子会レポートをチェック♪

花嫁前の君たちへ!結婚式のお金「ざっくり」教えます



川崎貴子さんときんゆう女子。
撮影:きんゆう女子。



後半は、リアルな女性の人生のお話!

東京証券取引所の石田さんの印象に残るメッセージからスタート。

石田先生:結婚と投資は似ている、とよく言うけれど、全く違う!

結婚相手の選択は失敗したくないけれど、株式は失敗できる。売ったり買ったりできる。
株式投資については、情報は平等に開示される前提。
でも、結婚は違う。結婚相手についての情報は普通、平等に開示されていないですよね。 



____φ(^_^o)*ふむふむ。


石田さん、最初からかなりの本音トークです。


楽しい。笑


どうやら、婚活と結婚と投資の必勝法とは、価値とリスクの考え方で決まるようです。

例えば、結婚生活の楽しさが一定量で量に限度があって、結婚以外の楽しさと結婚そのも
のの楽しさの合計なのだとしたら結婚以外の楽しさが大きければ、結婚の楽しさが小
さくなる。結婚以外の楽しさが大きければ、結婚の必要性が小さくなる。これなら、
結婚するリスクはとらなくてもいいですが、結婚しないリスクは負う事になります。 



それって投資も同じ。


今の収入からお金を使うことだけで満足していれば、将来から見た今、期待される資
産価値は下がってしまう(もともと無ければ増えない)し、 今の収入からお金を使
う満足を減らしてその分投資すれば、将来から見た今の期待される資産価値は上がり
ます。投資のリスクは負いますが、投資しないリスクを取らないで済むわけです。 



若くて怖いものなしな働く女子にとって、目先の利益だけでなく将来の楽しみや期待を持つ考え方は心得たいです。


目先のメリットを拾いすぎず、目標としていることに忠実に積み重ねる我慢は、最終的には目標に最短で届く方法かもしれません。


東京証券取引所
撮影:きんゆう女子。



東証と考えるきんゆう女子。のお守り株とは?

編集部では持っていると嬉しいことがある元気になれる、自分を守ってくれるようなイメージの株を「お守り株」と呼んでいます。



石田さん:金融屋さん=東証がお守り株と聞いてイメージするものは、『ディフェンシブ株』といって収益が安定していて配当も高めな、いわゆる「生活必需品」などなくならないものに関する会社の株です。


それでもリスクは「0」というわけではありません。


ただ、リスクを考える前に知っておいてほしいことは「予測すること」なんて、実際はなんでも難しいので、これはリスクとは言わないのです。



リスクは「観察した上でわからない振れ幅のこと」であって、

観察もしないで、単純にワカラナイといってるようなものは金融の世界では正当なリスクですらないです。そういうものは、投資に対する適合性がないという事で、そもそも投資してはいけないし、投資してしまったとしたら事故や不注意の範疇になります。 


____なるほど!私たちリスクと事故を同じ言葉のように捉えていました。


そのあとも、10年付き合って結婚した男性が、強度のマザコンであったことを新婚初夜に知った知人のお話しを交えて教えてくださいました。(詳細は割愛させていただきます。)


終始、メンバーの笑いがとまりません。(*^^*)



石田さん:
きんゆう女子。の皆さんにはまず、ニュースでも株価でも何か1つのことを観察し続けることをしてほしいです。

因果関係は分からなくても相関関係がわかってくるし、長い間何かをやり続けることで感覚で見えてくることがある。


社会で起こっていることを定点で見続けて、それが株価にどう影響あたえているかを調べる、それを毎日やることです。


私たち金融業界にいる人間はもはや、毎日そのことばかりを考えて目の当たりにしているので嫌でも感覚が身についているのです。


東京証券取引所
撮影:きんゆう女子。


ついに…川崎貴子さん登場♡

経営歴18年のキャリアを持ち、メディアにも引っ張りだこの美しい川崎貴子さん。


ちょっとハスキーなセクシーボイスで手足が長く、まるで女優さんのよう!

お話が始まると深い人生観の内容なのに、面白くて親近感のわく話し方でみんなすぐに引き込まれていきました。(さらに前のめりに!)


今回ゲストとして来てくださった理由を、「みなさんが金融を前向きにしっかり勉強している事がいいなと思って」とおっしゃってくださいました。



川崎さん:

お金のことって体でいう血液みたいなものだから、すごく基本的な知識。

25歳で経営をスタートすることになったのも、お金があったから。

当時お年玉などを両親が貯めてくれていた50万で株を始めてお父さんが良い、

と言った株を買っていて気づいたら50万円が300万円になっていたの。

もうこれは会社を立ち上げろと言われている!と直感で思って。

四季報を見て経営を学んでたりもして結構勉強しました。

同時はまだネットがなかったので調べるのも一苦労でした。



川崎さんスタイルの株の調べ方や株選び・利益の出し方について
は、

昔はインターネットで情報を取りに行くこともできなかったので

実際に株主総会へ行ったり、採用状況を見ていたそうです。

自分の思った通りの結果になった時は嬉しいけれど、ただ一方で会社を背負っている人間だから大きな損失は許されないので、上がりきる前に売る!を繰り返すのが川崎さんスタイル。


キャリアを積み上げながら、実は2児のママであり再婚もされている川崎さん。

今の旦那様は付き合った当初、年収100万円!だったそうです。

「とりあえず扶養にいれました!」とさらっと言っていて、それも心の強さとお金の余裕があるからなんだな〜と実感。



川崎さん:

今の旦那さんはすっごいタイプの人間にであったので、この人!って選んだんです。

それも自分がお金を稼ぐことができていたので、選択肢が広がったからできたことで、女性はキャリアを手放さないことが大事だと思います。専業主婦だって、自分でも稼いでいるからこそできる「離婚をすることができる自由」があるわけだし。


離婚前提ってわけではないけれど、大事なのはキャリアを手放さないこと、資産を築くこと。

お金を気にしないで自分で選択できる自由を手にいれること。


保険、不動産、株、など資産があれば、半年働けなくてもお金に変えることができて治療の選択肢だって広がるんです。




____昨年乳がんを乗り越えて多くの人の心の支えになっているこちらの日記では、川崎さんの前向きな心の変動が読み取れます。乳がんと聞くと心配になってしまいそうですが、なぜだか読んでいるほうが元気をもらえる日記です。「女社長の乳がん日記」



川崎貴子さんときんゆう女子。
撮影:きんゆう女子。


チャンスは「来た!」と思ったときにすかさず掴む!

女性は男性の8倍不安を感じる生き物で、チャンスも不安で踏み出せないことが多いそうです。


川崎さん:一度の出会いもそれを活かさなければ、二度と会うことはないし、見つけたら拾うこと!アンテナを張って見過ごしたらダメ!掴む能力が大事!


そう力強くおっしゃるのも、1万人以上の女性のコンサルティングをしているからこそ。

回転寿しのように目の前を通り過ぎてしまう好みのネタがのったお皿を見過ごしてはいけないということなのです。



川崎さん:男選びの秘訣はね、面白みで男性を選ぶとダメンズをひっかけることが多いわよ。離婚している私がいうんだからみんな気を付けてね。(笑)

話し合いができる人、現実と夢の部分の『損益分岐点*』が合う人がより良いわね。
それから、男性は女性なら別になんでも大丈夫っていう人が多いけど、女性は生理的にこの人いやだ、好きっていうのがあって100人いたって1人くらいしか「いいな!」と思うような男性は見つからないもの。


だから私はキャリ婚という、女性が男性を選ぶ婚活サービスを立ち上げたのです。一般の婚活サービスでは男性が女性を選んでモテモテになる体験はできるけど、いい男には出会えないから。だから最近は、毎週末男性と面接しています。(笑)



*損益分岐点(BEP : break-even point)とは、係る費用を収益でカバーでき、損益が「0」になってこれ以降は利益が出る、という売上高をいいます。

MFクラウド 公式ブログ より



みんなの質問が止まらない〜!

____年収が高くなるためには、やっぱり金融業界なのでしょうか?


石田さん:金融業界だって、年収が高い人は数学ができる人で、相対的に数学ができる人が年収が高いといえるでしょう。年収が高いのは、数学ができる人が少ないから希少価値が高いといえますね。

そういう意味でもファイナンス・数字に強くなることはお金をふやすために自己投資するべきスキルの一つです。家買うのは住宅ローンが大事だし、お金の計算ができるかどうか。

さらに、自分の収入と支出がずっと連係しているとお金は増えない。でも金融のしくみを使うとこの連係(リンケージ)を切ることができるのです。



____やっぱりリスクが怖いんです。損したくないです。。涙


石田さん:生きている限り、なにかしらのリスクは発生しているということをみなさん覚えておいてください。今、投資をしていなくても他にリスクがあることに気づいていますか?


生きている限り、リスクから逃げることはできないので、どのリスクをとるか、今、自分が何のリスクをとっているのか自覚することが大事です。

必ず何かのリスクをとっているので、自分がなんのリスクを選択するのか、自分で決められるきんゆう女子。になりましょう。



____出会いを作るにはどうしたらいいのでしょう?

川崎さん:今までの行動でいい人に出会えなかったのであれば、今までの行動パターンを変えることですね。

結婚したい女に一番いいのは結婚したい男性。

ワインバーで出会うような相手は結婚よりも楽しいことを知っているかもしれないけど、結婚する気がないかもしれないのよ。



____結婚したい時ってどんな時?まだ結婚したくないです。

川崎さん:一人が寂しい時、男性はハゲた時。(会場はドッと笑いが・・・!)


結婚しないで楽しいなら結婚したいという気持ちにならないのは当然で、自分の弱さを知ったとき、半人前だと気付いたとき。だからこそ2人で一人前で家庭を作っていくの。

ただ、色恋好きな人には結婚は向いていないわよ。

同棲でもいいかもって思うかもしれないけれど、同棲の場合はどっちかが悲しい時幸せな時別々の感情が起こりうるけれど、結婚相手で家庭を気づいていれば、相手の成功を本当の意味で喜べるのです。

だって、家族のうちの誰かの成功は、その家が全体で繁盛するってことでしょう!

愛する人が増えるのはこの感覚があるからです。




____結婚相手には同じ額の収入を望むのは変ですか?


川崎さん:女性が自分より稼いでないとダメっていうのって何か要因があるんじゃない・・・?過去の親からの教えとかやっぱりイメージが付いているのも理由だと思います。

自分ができないことができるというとこがパートナーシップだから。


1人でできないことを2人でやるわけで、大きな意味では年収はどちらかが高ければ生活ができるし、それ以上でも以下でもなく、それでいいんじゃないかしら。



きんゆう女子。編集部のリアルアンケート!女子会でとったアンケート結果です。





男性には、自分より稼いで欲しい!(YES:91%)とのこと、

でも一方で、年収じゃない基準で男性を選びたい(YES:85%)と言う結果に!


矛盾というか女心というか・・・。笑



撮影:きんゆう女子。



質問がまだまだしたい!という方が多かったのですが、あっという間に2時間たってしまったので、そろそろお開き!


もっと川崎さん、石田先生のお話を聞きたいかたは、3月3日(金)、3月4日(土)のきんゆう女子。第1回週末投資宣言♪に是非ご参加ください。


特設サイトはこちら!


普段、なかなか会うことのない方から金融や結婚に関するお話を楽しく聞くことができた女子会になり、大満足…。


先生でお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!



婚活も、結婚も、投資も必勝する方法。

少しはわかった気がします。( ^_^)/~~~


英語のように繰り返しお金のことを勉強することで、単語もわかってくるし自分の人生に対しての選択肢が増えますね。


そしてお金の勉強をすることで、お金だけではなく、恋愛も仕事にも通ずることを学ぶことができるんだなー、と最近実感しています。

きっと日常生活の中のいろいろなことがお金と結びついていると思うので、そのつながりをもっともっと広げていけたらおもしろいな、と思いました。



こちらの記事は参加メンバーの方がレポートとして寄稿した内容を編集しています。

メンバーになって、一緒に勉強したり楽しいコミュニティを作りませんか?


メンバー登録はこちら♡



きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より