取材レポート

日本の金融庁とオーストラリアASICが協力体制に!

2017年6月23日(金)、日本の金融庁とオーストラリアASICが協力体制になったことを発表されました。日経FinTechさんの開催したカンファレンスにて書簡(お約束の書かれたお手紙のようなもの)の交換式が行われました。ちょっと難しい言葉もたくさんありましたが、これからの未来がどうなっていくのか垣間見ることができました。

2017/6/23 up!


こんにちは!

きんゆう女子。編集部です。


2017年6月23日(金)、日本の金融庁とオーストラリアASIC(証券投資委員会)が、協力体制になったことを発表しました。


そのことを参加した日経FinTech カンファレンスで知りました。


書簡交換式の様子を目の前で見てきました!

実は2017年3月にも、イギリスのFCA、シンガポールMASとの間とのフィンテックにかかわる協力関係を発表していました。


よって、今回の日本の金融庁とオーストラリアASICとの書簡(お約束の書かれたお手紙のようなもの)交換は3回目です。


FCA、MAS、ASICとは各国の金融業界の管理や監視、金融に関わる制度を作る金融庁にちかしい機関です。


参考:金融庁リンク集



こういった枠組みを作る理由は、大きく2つです。


・日本のフィンテック企業を相手国に紹介することができる。

・海外に進出するときに相手の国においてサポートを受けることができる。

・お互いの国のフィンテックに関わる情報を共有することができる。



撮影:きんゆう女子。
越智隆雄内閣府副大臣(右)とリチャード・コート駐日オーストラリア大使(左)



すてきな交換式を見学した後、金融庁 信用制度参事官 井上俊剛氏による基調講演です。


金融庁さんのこれからの動きにについてお話されました。



銀行の法律が変わる!(2年連続)

ITの変化によって、法律や制度は見直す必要があります。


銀行法とは、銀行のルールのこと。

特に金融機関さんは、他の企業に比べてとても「厳しいルール」、「透明性」や「公平性」の中で運営をしているんです。


ITが進むと同時にそのルールも変えていかなければなりません。


たとえば、仮想通貨への対応。

利用者を保護したり、不正がないような制度を作っています。


たしかに、わたしたちにも身近になったビットコインなどの仮想通貨。

ルールがないと不安です。


最近メンバー内でトラブルもちらほら聞こえてきます。


そのほか、民間企業への出資なども可能に。

連携・協働により、日本のフィンテックを拡大していきたいそうです。


わたしたちが気づかないところで、法律や制度、歴史や経済も日々アップデートされているのですね。



API?

金融庁さんでは、80の銀行さんのAPI開放を目標にしています。

「えー・ぴー・あい???」ってなんだ?


フィンテックに続き、横文字が多いですが、このえー・ぴー・あいが少しずつ開放される予定だそうです。


えー・ぴー・あいは、わたしなりに言い換えると、銀行さんと他の企業がIT技術でデータなどがつながれること。


カップルが、スマホの写真をクラウドで共有するイメージ。

お友達とGoogleカレンダーを共有するイメージ。


間違っていたらどなたかおしえてください( ;  ; )



きっと、近い未来もっとお金のサービスが便利になって想像もしなかった機能が、いつのまにか生活に馴染んでいるのかも。


こういった動きは世界的に見て実は日本は進んでいるようです。


金融に関するITにお金をかけている額では2位、イギリスと同じくらいだそうです。


それから、保険についてもイノベーションが起きてきているとのことで、
身近な金融なのでわたしたちとしては気になります。


金融改革は、政府の発表した「未来投資戦略」の中でも動いているので、ニュースでも注目したいです。


撮影:きんゆう女子。
金融庁 信用制度参事官 井上俊剛 氏(右)と、日経FinTech 編集長 原 隆 氏(左)



金融庁さんが、民間の企業に期待することとは、

APIを活用・導入し、金融機関と連携して新しいサービスが生まれること

また、エコシステム*を作っていくことを期待していると井上さんは語っていました。



*エコシステム?

生物界におけるエコシステムとは違って経済におけるエコシステム。コラボレーションとはことなり、技術や資本を生かしながら複数の会社が協力してつくる業界の収益の仕組みのこと。

参考元:コトバンク


楽天、Amazonとかのことだと思いました。


感想…♪

自分たちが思っている以上に、金融の世界は「厳しいルール」と「透明性」、「公平性」を保ちながら、新しい取り組みをしていこうと本気なんだと思いました。



以前、金融庁さんにおじゃました際に法律を変えるための仕事が終わらず、帰る時間は朝方に。

昼寝をしないとやっていけないくらいだと聞いたことを思い出しました。


改めて金融にもう少し近づいて情報を定期的にアップデートしたいと思いました。


とてもワクワクするサプライズ書簡交換式と、基調講演でした(*^^*)


メンバー登録

メンバーになって一緒にきんゆうを勉強して、漠然とした不安から解放されよう。




きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より