きんゆう女子。

女子会レポート

”かしこい女”のお金の管理術〜個人事業主として働く〜

GWも終わって、夏まで節約しなきゃいけない時期に入ってきました。先延ばしにしていたお金の棚卸し一緒にしませんか?いま、抱えているお金の悩みを女性の先生と一緒に、一つづつ紐解いていく勉強の会です。投資をする前に、いまのお金を見直すことから始めましょう! 先生は、外資系金融機関で働くあかねさん。女性のキャリアについても触れながら、しっかりお勉強していきます。

2016.6.4up!

午後のきんゆう女子。のレポート!

こんにちは!きんゆう女子。を運営する鈴木まりこです。6月4日(土)のきんゆう女子。のレポートです。

来れなかった方、ぜひチェックしてください!



8名の金融ワカラナイ女子。が集まり、”かしこい女。”のお金の管理についてディスカッション。

悩みや、今の現状をシェアしました。


みなさん、”かしこい女。”そう聞いてどんな女性を想像しますか?

(๑•﹏•)


大雑把に想像すると、

*いろいろ、きちんと出来る女。

お料理、お洗濯、仕事、恋愛、人付き合い、お金の管理…

そう、かしこい女。のなかには、「お金の管理」は重要な項目です。


かしこい女で、かしこく生きるには、どうやったってお金とうまく付き合わないと、うまくいかないですね。


最近、中谷美紀さんのドラマ「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです。」というドラマが大好きでよく見ているのですが

主人公のみやびは、恋愛弱者と呼ばれるのですが笑

年収は高く、お金の管理はうまくやっているという女です。


恋愛ではズタズタなのですが、お金という観点では、勝ち組ですね。

美容サロンの先生を経営する主人公。


このドラマを見ていると…

恋愛や婚活に集中するためにも、仕事や収入は自分で稼ぐ事ができて安定しておく必要がありそうです。。。


お金と仲良くかしこく付き合えるようになろう!

さて、女子会では、先生とお金との付き合い方を考えてみました。


わかりやすい例えがこちら。

"お金"が目の前に人としていたらなんて呼びますか???

「お金様?」

「おかねくん?」

「お金さん?」

「みっちゃん?」(あだ名をつける)


この呼び方で、お金についての感覚が見えてきます。上に見ているのか下に見ているのか?自分とはどういう距離感なのかが見えてきます。



理想は、「友達」のような近い存在。仲間として近い距離として考えていて大事に思う事だそうです。

まずは、お金を好きになって、身近な存在になることが大事。


(きんゆう女子。になるということはお金と向き合う第一歩、ということですね?^^)


身近に感じる=毎日お財布の中身を把握する。

自分のお財布の中身、常にわかっていますか?

レシート溜まっていませんか?


お財布の次は、銀行口座の中身…!


現金だけでなく、自分の持っている資産について考えたことがありますか?

高級バックに、もしかしたら漫画の山。もらって開けていないギフト。

もしくは、自分の眠っている能力を引き出すことで生み出す資産があるかもしれません。


自分が、支払いをしないといけないカードの明細についても無視しないで向き合ってみましょう。

一番あるのが、登録したままで使っていない解約していないサービス。

携帯で毎月取られている300円のニュース代金、ポケットwifiの3,500円…。


クレジットカードも何枚も使っているともったいない、数枚にまとめてポイントをためたり、公共料金や家賃もカードで支払いかしこい使い方をしましょう。


今後、どういう働き方を選択しましょうか?

お金を管理するということは、ある程度収入が必要です。

収入を得るためにはキャリアを作っていったり、収入源をいくつか確保したりする方法があります。または、支出を減らす方法もあると思います。


いずれにしても、働くことで収入を得るわけですから、どう働くかはとても重要な選択です。


しかし、女性ならではの悩みはつきません。


結婚、出産、介護などライフイベントによりキャリアを諦めないといけないことも?でも一方で選択肢の多いのも事実。自分の思いを貫きやすい、大胆に仕事をすることができます。

いざ!となったら、甘えて頼れることもあります…。(ノ≧ڡ≦)

でも、そうはいっても理想はバランスの良い生き方です。


仕事と家庭といいどこ取りなバランス感覚のある女性になるには、周りに左右されない自分の信念があり、自分で幸せの価値を作れる人なんじゃないかと思います。

悩みをできるだけ減らすことも重要です。


悩みって「お金」と「人間関係」のことが多いので、「お金」の基本や術をしっていることで、悩みが減らすことが実は結構ハッピーへの近道かもしれません。



ワカラナイから、「不安」なだけなんです。

暗闇を歩いて、目的の場所が見えないと「不安」ですよね。

それと同じでお金のこともワカラナイから「漠然と不安」です。

でも、知っていればわかれば「不安」をなくす「対策」をとることができます。


例えば、お金がどのくらい必要なのか、人生の三大資金(人にはよりますが)をまず知ったとしましょう。


1)住宅 2)教育 3)老後


とくに、3)は、老後どうするか?考えただけでゾッとします。が、大きな支出ですね。

きんゆう先生のあかねさんによると、健康な老後の平均年間かかるお金、年間264万、旅行したりするゆとりある老後であれば、425万はかかるそうです。


入院したり、車椅子、介護の状態だと上記に加えて、多くの金額が必要です。


加えて、果たしてそんな時に、誰か面倒を見てくれる人がいるのでしょうか…?

先週の藤本先生の「婚活と投資の必勝法!」の耳の痛い授業が鮮明に蘇ってきます。。。


まぁ、今回はそのお話は、置いておいて…( >д<)


今後、自分が老後に必要なお金を計算してみますと


毎月老後欲しい金額を40万だとすると、55〜85歳まで生きるなら、30年、1年は12ヶ月つまり。。。。


1億4400万!?????

(;_;)


30〜55歳まで働けるとして、25年。25年で1億4400万貯めるには1年で576万貯める必要がある。

(>_<)ふむふむ。。。


ええええ!!


てことは、今月から1か月あたり、約50万くらいは老後の資金を貯めないといけないという計算ですね?!!!


えっと、もう、自分の収入以上のお金の話なのでどうしていいかわかりません。笑

では、稼ぐ方法を考えるのか、逆に支出を減らしたり、長く働けるような仕事をするのか、または健康でいることを心がけるのか。

もしかしたらいいパートナーと協力しあうというのも解決策かと思います。


そもそも、老後に欲しい金額40万円/1ヶ月あたりは欲張り過ぎかもしれません。

55歳で引退するなんて、考えない方がいいかもしれません。

一生、楽しく働くという選択肢もあるのですから!



ああ、、、

先日、4万の皮のフリンジストールを買いましたが、タクシーに忘れてきたのですが。汗。

(°_°)自己投資という名の、お買い物中毒ですね?


女子は綺麗を保たないと行けないかつ、長生きする生物なので、お金がかかります。

(男性の皆様、どうかご了承くださいませ。)


でも、だからこそ、欲張りだからこそ、失敗してもリスクの少ない若いうちにたくさん挑戦して、たくさん稼いで、自分を高め、稼げる人材になり、貯蓄や投資などお金を増やすコツを習得しておきたいです。


まさに、先手必勝。


婚活も、貯蓄も、投資も、キャリアも先手必勝!鉄は熱いうちに打て。


気づいたら、おばあちゃん。人生あっという間です。


なんといっても、”今”が一番若いの。

いろいろと考えた結果…。

私の友人は、不老不死になる研究をしているベンチャー企業の社長なのですが、その友人に全てをかけたいと思いました。笑


それを、女子会で発表したら、みんな目が点になっていました。笑


こういう話を一緒にしたり、考えることのできる仲間やパートナーが、女性でも男性でも問わず、そばにいると心強いですね。


さて、今日もとっても勉強になりました!


きんゆう先生の、あかねさん。投資をする前の心構えとして、お金の棚卸しの授業をしていただき、本当にありがとうございました。


やっぱり、みんな不安は一緒。だからこそ、前向きに考えてみよう。

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。