きんゆう女子。

取材レポート

名証IR EXPOレポート 〜ファインシンター編〜

名証IR EXPO 2018に出展されていた、自動車・鉄道・産業機器などの粉末冶金製品(部品)を製造している「ファインシンター」さんのブースでのお話をレポートにしたいと思います♪ 果たしてどんな会社さんなのでしょうか?

2018.8.10up!

こんにちは!

きんゆう女子。編集部のきさです。


7月21日(土)、名古屋証券取引所さん主催の"名証IR EXPO 2018"に参加しました。

きんゆう女子。としてブースも出展しましたよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)


今回は、名証IR EXPOに出展されていた、自動車・鉄道・産業機器などの粉末冶金製品(部品)を製造している「ファインシンター」さんのブースでのお話をレポートにしたいと思います♪



ファインシンターさんってどんな会社?

ファインシンターさんは、粉末治金製品を製造する会社です。


私は、「粉末治金(ふんまつやきん)」という単語を初めて聞いたのですが、金属の粉末を各種の粉末と混合させ、製品形状にあわせてプレスし、焼結することで製品をつくる技術のことだそうです。


「少し難しい説明ですが、材料を混ぜ、型にはめた後に焼くクッキーと作り方は同じです!」と、メンバーにとっても分かりやすく説明してくださいました♪


なんとこの技術は、紀元前1000年から存在していたそうです。∑(*゚0゚)


製造された部品は大手自動車メーカー、鉄道各社に販売されているので、自動車や鉄道を製造する上でなくてはならない部品で産業を支えている会社さんなんですね♪




また、完成品に近い形状に金属の粉を固めて作るため、材料の無駄が少なく、環境にも優しいそうです!環境への優しさは今の時代、大切ですよね(*‘∀‘)

さらに、材料は様々な物質を混ぜ合わせることが出来るので、材料自由度が高いのも、大きなメリットだとPRしてました♪



ちなみに、企業名の由来は、「精密で素晴らしい(ファイン)」と「製品を焼き固める(シンタ)」を組み合わせてできたそうです!


ファインシンターさんでは、海外にも生産拠点を持ち、主に北米での新規製品の量産開始と拡大や、タイでの収益最大化を目指しています♪


体験型の説明会!実際に製品もさわってみました♪

なんと会場では、実際の製品である粉末冶金でできた製品を触らせていただきました!


鉄のかたまりである製品は、焼かれる前と後で性質が違うのだそう。

そこで実際に、焼かれる前と後の製品を実際に手で触って確認しました(*´꒳`*)





すると、なんと焼かれる前の製品は手を軽く握っただけですぐに崩れてしまいましたヽ(*'0'*)!
鉄のかたまりが崩れる感覚がはじめてだったため、とても衝撃的でびっくりしました!!

体験を通して製品の製造過程を実感することもできたので、忘れることができない貴重な時間となりました。


男性の多い職場だそうですが、女性の管理職の方も会場にいらっしゃり、働きやすい環境づくりにも力をいれているところが魅力的でした。

説明もとても楽しかったので、きんゆう女子。メンバー一同聞き入ってしまいましたね!


一緒に参加したメンバーさんからはこんな声が♪


やっぱりお話している担当の方が素敵な方だと、会社のイメージも素敵に感じますよね♪

また、私と同じく、粉末冶金による鉄の生産は、紀元前1000年(約3000年前!)から存在していることに、とても驚かれているメンバーさんもいました!




"なんでも鉄で作ります!" 素敵なキャッチコピーを考えてくれたメンバーも♪

説明会を通して、鉄への熱意がひしひしと伝わってきました。


まとめ

お話くださった担当者の方から、知っているようで知らなかった"鉄"について詳しくお聞きできたのはもちろんのこと、実際の製品を手に取って触れることもできたので、とても印象に残る会社さんでした。


また、ブースにいらっしゃった他の担当者の方もみなさん気さくで優しい方でした。笑顔が素敵(๑˃̵ᴗ˂̵)!

やっぱり人柄の良い会社さんは応援したくなるなぁ〜と改めて感じました♪


粉末治金という難しい技術がとても身近に感じる会社説明会でした。




*参考情報


株式会社名古屋証券取引所


株式会社ファインシンター



〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。

[PR]