取材レポート

三菱UFJ国際投信さんが上場セレモニーにご招待してくれた♪

今度4月27日(木)に女子会にお越しいただく、三菱UFJ国際投信さんについて書きたいと思います。三菱UFJ国際投信さんは、金融業界のなかでも、もしかしたら一番と言っていいほど私たちお会いする機会のない会社さんかもしれません。

2017/4/21 up!

こんにちは!

きんゆう女子。編集部のまりこです。


今度、4月27日(木)に女子会にお越しいただく、三菱UFJ国際投信さんについて書きたいと思います。


三菱UFJ国際投信さんって?

三菱UFJ国際投信さんは、金融業界のなかでも、もしかしたら一番と言っていいほど私たちお会いする機会のない会社さんかもしれません!


編集部も、資産運用ハッカソンというイベントでお会いしなければ、知らないままだったかも…。(^^)


どんな仕事をされているかというと…。


たとえば、毎日食べるランチも、野菜や調味料など材料を作っている人がいるように、金融にも「商品をつくるひとたち」がいるのです。


三菱UFJ国際投信さんは、プロの作り手。


国内にも海外にも畑をもっているすてきな農家さんのようなイメージです。

そして、商品を作ることを専門にしている会社なので直接買うことはできないのが特徴です。


「金融商品」は野菜やランチと違って目には見えないもの。だからあんまり身近じゃないのかもしれません。


そんなお話をしたら、素敵なご提案をしていただきました!



三菱UFJ国際投信さん:「それなら、今年初の作りたての「商品」が市場に出るその瞬間を見学してみてはどうでしょうか?ちょうど4月5日(水)に上場セレモニーがあるんです。臨場感たっぷりで、ETF*という商品が世の中にでるところを"体感"するところから始めてみてはどうでしょう。」


まりこ:「え!そんなことができるのですか!"体感"したいです。ぜひ行ってみたいです♪」



こうして、大変貴重な「新商品」の上場セレモニーにおじゃますることに…。


わ〜〜(*^^*)

ドキドキ!


*ETFについては、また後日レポートします♪一旦、東証マネ部!さんのサイトで勉強してみてね。


撮影:きんゆう女子。
新しいETFなどの商品が市場に出回ることを、上場といい、開始日には東証で上場セレモニーを行います。



上場って市場に出して売り手や買い手を探すことだった

最初に、三菱UFJ国際投信さんから「商品」が市場に出るその瞬間を見学させていただけると聞いた時は「なんのことだろう??」とすぐには理解できませんでした。


よくよく聞いてみると、「上場」だというのですから驚き!


え、「上場」ってあの鐘をならす「上場」!?


それってすごいことですよね。


一部上場会社が安心だとか、就職にはいいとか聞いたことがあったのでなんとなくは分かります。


撮影:きんゆう女子。
滅多にお目にかかれない、ゴールドのバッチ。入館の際、上場セレモニーの関係者に配られた。



よくベンチャー企業が成功して「上場」してお金持ちに…!みたいな印象もあります。最近だと、JR九州や、LINE、ほぼ日が「上場」したと話題になっていました。


上場は、ネットで調べてみると「ある株式や商品などを、証券取引所の市場において、売り買いする取引の対象に定める」などと書いてあります。


詳しくは、日本取引所グループのサイトにもメリットや問い合わせ先も書かれています。


上場の本当の意味がわかったところでいざ、上場セレモニーにいくとニュースで見た様子が目の前に…!


わぁ〜…!


チッカーの前のオープンプラットフォームでセレモニー後、VIPルームで鐘を鳴らします。


チッカーもちゃんと商品名に変わっていました。

東証さんにはこのチッカーをコントロールする人もいて、裏で切り替えを行っています。


いろんな仕事があるなぁ。

(^-^)/


撮影:きんゆう女子。
カメラマンのうしろから、パチリ!


撮影:きんゆう女子。
あの有名な鐘を…5回鳴らしていました!この小槌はもらえるのだとか。


この鐘を鳴らす回数は、5回と決められていますが「五穀豊穣」に由来しているんだそう。


これは、四字熟語で穀物が充分に実ること。企業の繁栄を願っての数なんですね。


「五穀」は米、麦、粟、豆に黍(きび)または稗(ひえ)を加えた5つのことで、人間が主食とする五種類の代表的な穀物のことです。


へぇぇ、勉強になるなぁ。


引用元:

四字熟語辞典オンラインより


撮影:きんゆう女子。
上場セレモニーの主役、三菱UFJ国際投信 取締役社長 松田さんとすましがおでパチリ。



勝手にわたしは、上に上がってすごいイメージとか、トランプゲームのいち抜けた!みたいなゴールとか終わりを想像していましたが、実は上場って株式や金融商品を市場に出して、買ってもらう人を募集することをいうのです。


つまり新しい挑戦をするためのリスタートとも言えることなんだと気づきました。


百貨店に商品を並べる、そんなイメージです。


ここで、ちょっと上級知識♪

今回、「上場」した商品はどちらかというとプロ向けなんだそう。株と投資信託のいいところどりの「ETF」と言われる商品で、市場が開いている時リアルタイムで値段が変動するもの。取引がしやすいところ、株と違っていろんな金融商品の組みわせでリスク(振れ幅)を減らしている商品です。投資信託は普通は1万円からですが、このETFは10万円から。JPX日経中小型株指数に連動するから、商品名が 「MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信」なんですね。JPXと日経新聞社が共同して開発した指数なので、商品名にJPXと日経が入っているのです。



ほぇ〜、長い名前だなぁ。

それくらいたくさんの思いが込められているっていうことかな。


詳しくはまたお会いした際に聞いてみよう♪


撮影:きんゆう女子。
上場セレモニーのあとの西口玄関前で。こころなしか風が強い。


間近で上場セレモニーを見学できるなんてとっても貴重な体験でした。「上場」という言葉の意味をリアルに体で理解しました。


実は、平日はだれでも東証見学が可能なので、みなさんも企業や商品の上場がある日に合わせて見学に行ってみるとガラス越しですがセレモニーの様子に出会えるかも!?


投資のシミュレーションコンテストって?

セレモニーの後、ご担当の方々とランチをご一緒させていただきました。そこで、色々とお金について心配事やなぜ投資は怖くてできないのかなど悩みを話しました。


撮影:きんゆう女子。
茅場町駅から1秒のビストロサブリエ。IMANO FRUIT FACTORYの系列店。オムライスがお気に入り。



三菱UFJ国際投信さん:「上場を体験して、もしかしたら株式投資や新規上場した商品に興味をもっていただいたかもしれませんが、いきなりご自身のお金ではトライすることができないと思います。でも、それはもったいない。そこで、投資も"体験"してもらいたいという思いからシミュレーションを作りました。


まりこ:「シミュレーションって、でもゲームみたいな…。あんまり興味ないなあ。」


三菱UFJ国際投信さん:「(^_^;)ま、そういわずにちょっとサイトを見てみてください!逆に、もっとこうしたらいいとかアドバイスももらえると嬉しいです。」


まりこ:「むむ・・・?」


最初は、あまり期待していなかったのですが(ごめんなさいっ!)よくよくサイトを見てみると、シミュレーションだけでなくコンテスト形式。ちゃんと賞金もある。


100万円あるつもりで投資体験ができて、3名チームで参加するとWチャンスらしく、成績上位5チームに選ばれるとチームで賞金3万円がご褒美。


なんだか楽しそう…。笑

単純なので、ご褒美に弱いです。


でもなにより、シミュレーションは投資の練習になります。でも、難しくないかな?ワカラナイことだらけで断念しないかな?


うん、やっぱり、話を聞いてからにしよっと。


(^_^)女子は本気だからこそ、慎重なのです。


4月27日(木)の女子会に、ゲストにお越しいただきますので、いろいろ聞いてみたいと思います!


どうせならみんなでわいわいトライしたいですね。

一緒に参加したい方、参加している人の様子を見てみたい方は、女子会で♪


4週目の女子会は、「未来会議」がテーマなのでこれからのじぶんたちの未来についてもディスカッションしたいと思います。これからのお金の計画など…。


撮影:きんゆう女子。
くまがきになる…。



<投資にチャレンジポートフォリオの達人コンテストについて>

・応募期間:2017年4月10日(月)~2017年4月28日(金)
・コンテスト期間:2017年5月1日(月)~2017年8月31日(木)
・結果発表:2017年9月初旬

*興味のある方はこちらを見てみよう♪


さりげなく、もう5回も実施しているそうです!

参加人数はそんなに多くない?とのことで、ワカラナイ女子にもチャンスはありそうですね。


きんゆう女子。チームは、はたして上位に組み込めるのか…!?

後日レポートします!お楽しみに。


撮影:きんゆう女子。
秘密の大女子会でも使わせていただいた、東口玄関(金運スポット)


三菱UFJ国際投信さん、上場セレモニーを特別に間近で見学をさせていただき、ありがとうございました!



◆関連情報


三菱UFJ国際投信株式会社


JPXホームページ内:新規上場会社情報



きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より