きんゆう女子。

コラム

世界のきん女。から 〜ニューヨーク編〜

ニューヨークでの新しい生活が始まった知子さんから素敵なコラムが届きました♪

2019.11.22up!

知子

こんにちは。
きんゆう女子。海外編集部の知子です。


ニューヨークの街歩きをしていてふとした瞬間に撮った写真たちを紹介します。


Brooklynの街並み



マンハッタン島の南端から伸びるブルックリン橋を越えたところにあるブルックリン地区(Brooklyn)は、流行りのファッションのお店やレストランがたくさんあります。


街並みはマンハッタンの高層ビルが立ち並ぶ光景とは一味違い、少し落ち着いているというか、生活感と独特の趣があります。


ブルックリンの中にもいろいろ見どころはあると思いますが、ウィリアムスバーグ(Williamsburg)はレンガ色のきれいな建物が立ち並ぶおしゃれな場所です。どこにでもあるようなお店もパット見そうだとわからない外観になっています(笑)。


服やアクセサリーなどファッション関連の路面店や、小さめのレストラン、カフェ等がたくさんあり、エリア自体はそんなに大きくないので、歩いてふらふらとお店に立ち寄りながら見て回るのがおすすめです。


オーガニック系のスーパーでは…


日本ではスーパーにお水をボトルに詰める機械がありますが、ウィリアムスバーグのWhole Foods(オーガニック系スーパー。アマゾン系列です。)には、なんと好みのタイプ・容量を選んでミルクを詰める機械がありました。


健康兼オシャレ意識が高い人が多いからか、ミルクといっても牛乳ではなくアーモンドミルクとオーツミルクです。

プロスペクトパーク周辺

さて、マンハッタンにあるセントラルパークは誰もが知っていると思いますが、ブルックリンにもプロスペクトパーク(Prospect Park)という大きな公園があります。


北側にある大きな白亜の門や、図書館、美術館などがその近辺にある建物としては有名だそうです。

公園の中には自転車用の道路や人が子供用の遊具のようなものなどもありました。


白亜の門


ブルックリン美術館


美術館の入り口のところに「DO NOT DISAPPEAR INTO SILENCE」というサイン(?)が出ていて面白かったのでパシャリ。



図書館の入り口の前の交差点にて。

そこに置かれたベンチに、なぜかぬいぐるみのオランウータンが座って空を見上げていました...!


Long Island City

マンハッタン島からイーストリバーを挟んで東側にあるのがクイーンズ。


その中でもマンハッタンに近いリバーフロントにあるのがロングアイランドシティ(Long Island City)。

もともとは工業地帯だったようですが、近年はタケノコをもしのぐ勢いで高層マンションが出来ている地域です。


少し前にはアマゾンが第二のヘッドクオーターをここに作るとか作らないとかで話題になりました。マンハッタンと近いけれども、マンハッタンよりは生活がしやすいということで最近開発が進んでいるエリアと言われていて、私もここに住んでいます。


マンハッタンよりも人が混雑感がなく、天気の良い週末にのんびりできる公園のようなエリアもあり、個人的には気に入っています。また色々開拓して写真を追加できればと思っています!


有名なPepsi Colaの看板。マンハッタン島から車で橋を渡ってくるときに見えます。



ロングアイランドシティからイーストリバーを挟んで夕暮れどきにマンハッタンを眺めた様子。


ランニングが出来るような歩道があるので、川沿いの景色を見つつ走ることができます。



次回もお楽しみに♪

このレポートを書いた人

海外編集部知子

ボストンでMBA留学後、ニューヨークで働き始めた知子です。留学前は日系・外資系の資産運用会社で働いていたアラサー金融女子。ネコとリスク・リターンのバランスがとれた(いわゆるコスパの良い)レストランが好きで、色々な場所をお散歩して回っています。なにか世の中に対して良いことをしたい!というアスピレーションを原動力に、しなやかに自分らしく生きるのが目標です。

〜 #きんゆう女子 〜

読み込み中...。