女子会レポート

私たち、歯は最高の"ジュエリー"って言ったりします

虫歯、歯周病は97.7%守れる!でも、歯ブラシでは約50%程度しか虫歯の原因になる「細菌」を落とすことができないそうです。知っている様で知らない、歯の正しいケアを知る事で、治療費を下げるだけでなく美容費用もセーブして人生でかかるお金を節約できるようです!その分幸せな時間にお金を使いたいですね♪

2017/6/12


こちらは、アラサー女子が気になるライフスタイルとお金テーマの女子会レポートです。


ここ最近、忙しくてついつい歯のケアを忘れがち!というメンバーの声を聞いたので、

株式会社オーラルケアの歯科衛生士さん出口茜さん、鈴木茜さんに女子会のゲストにお越しいただきました。


お二人は、歯科衛生士さんとしてお仕事をしながら、

個人や企業の方へ歯の健康や美容について教える活動をしています。


わたしたち女子は、欲しいものがいっぱいあったり、綺麗でいるためのお金がかかるので、

余計な治療費をかけずに正しく幸せなことにお金を使って欲しいとお話してくださいました。


撮影:きんゆう女子。編集部
素敵なバスグッズのなかに正しいデンタルグッズを♪


写真:ゲストの出口さん提供
(*^^*)ニッコリされた優しい笑顔に、妙に納得してしまいました。


人生でかかるお金の額を減らす工夫を!

出口さん:「80歳で日本人の残っている歯の本数は、平均12本。28本のうち16本なくなっちゃいます。

顔の半分は「歯」なので歯がないと顔の筋肉がさがる!つまり、ほっぺがたるむんです。」


ぎゃ〜怖い。涙

未来のおばあちゃんの姿、想像したくないです…。


(幸せな年の取り方をしたい、そう思うと見た目ではない心を鍛えていきたいとも感じました。)


出口さん:「つまり、ヒアルロン酸とかフェイスリフトアップとか、高いエステとか

若々しさを保つアンチエイジングにお金をかけるより歯を大切にすることが結果、美容費用もセーブすることに。

歯が綺麗だと、見た目年齢も4歳くらい変わります。」



撮影:きんゆう女子。
歯も顔も美しいゲストの出口さん。



メンバー

「男の人って、お酒飲むとそのまま寝ちゃう人が多い気がする。」

「歯を磨きすぎないほうがいいよ〜。ってお父さんが言い訳している。」


メンバーの彼や旦那さんにも、そういう方がいるようです。笑


出口さん:「それは大変!口がくさくなるだけでなく、虫歯や歯周病があると、当然医療費が高くなります。

健康な人より1.7倍の医療費がかかり、さらには、歯周病だと糖尿病やアルツハイマーの原因にもなります。」


…くさいだけでなく、お金もかかるんですね。(⌒-⌒; )

女子のみなさん、男性の髪の毛を気にするより、歯を気にしないとです…。


治療費だけでなく、歯がなくなってしまってインプラントという治療をすると1本10~50万という高額な費用もあります。糖尿病になる人も最初は歯周病を治すところから始めるようで、健康な歯をキープすることが、人生でかかるお金を120万相当節約できるようです!


個人差はあると思いますが、お金も節約して治療しないので、痛くなくて、綺麗でいられるなら言うことありません!

お肌も体質もアラサーは変わり目。しっかりケアしましょう。


出口さん:「なんで虫歯か歯周病になったのか?原因をちゃんと知りましょう。将来の医療費を考えたら、しっかり歯の予防をすることは一生でかかるお金を減らす工夫の一つ。原因をきちんと把握することで一度治療したあと、繰り返すことがありません。」


こういう原因をしっかり教えてくれる歯医者さんが良いそうです。

金融も何人かの人の意見を聞いて自分で選ぶように、歯医者さんもきちんと自分の意思で選びたいです。


撮影:きんゆう女子。
しっかりデンタルケアするためには、正しいケアグッズを。歯磨きすればいいというわけではないのね。


メンバーのお悩みQ&A


1)歯の病気の防ぎ方って?

虫歯菌・歯周病菌タイプが違うので、それぞれのケア方法を覚えてくださいね。

菌のすみかを知って、お掃除することが大事です。

歯と歯の間は、高い値段の電動ブラシより、フロスやワンタフトブラシ。

毎日の習慣にできるように、フロスを使いましょう。


2)歯石って自分でとれない?

菌は、歯垢といって食べカスやプラークも同じです。
これが固まると、歯石になっちゃう!

ここまでくると、自分ではとれないのです。歯医者さんに取りに行くことが必要です。


3)痛くない治療ってあるの?

歯医者さんは上手だったら痛くない治療もあります。

痛くないようにするには、虫歯にならないようにすること!

本当の本当の初期の虫歯は、元に戻すこともできるのです。


4)歯が健康な人はいくら節約できる?

参考までにこんな平均データをお伝えいたします。

歯の治療で通う人は、治療費約450万

予防で通っている人は、治療費約150万

生涯の歯科治療費を約300万節約できる!


60歳の平均医療費は、年間約35万

歯が健康な人は、年間約20万以下

毎年約10万円節約できる!


撮影:きんゆう女子。
メンバーのいろんな隠れたキャラを発見する、自己紹介タイム。


お金も歯も、自分がどんな人間か知ろう

実は、デンタル業界も金融と似ていて、分かりにくいことが多い!

情報にうとい、弱い人になりやすいのです。


うぅ、これが現実か。( ;  ; )


また、意外な共通点としてお金のプランを作る相談先があるように、自分の予防プログラムを立ててくれる人がいます。


これって旅行やブライダルプランナーとも一緒…!


でも歯の業界は、パーソナルトレーナーを生業にしている人は少数なんだそうです。

且つそのトレーナーは、中立な立場で対応していただけるのだとか!


ファイナンシャルプランナーも、旅行プランナーも所属している企業の売りたい商品を紹介する場合が多いイメージ。


相談して、その方にとって最適なプランをあらゆる商品から中立に提案することができる人って実は少ないのかもしれません。よく考えたら、こんなにたくさんの物があふれてめまぐるしい情報の中で生きていたら誰だって難しいですよね。


多すぎる情報に惑わされないように…

最初に自分のタイプを知って、自分が納得して判断するというスタンスって効率がいいと思いました。


自分の軸が決まっていないと、振り回されてしまいます。



出口さん:「トレーナーへの相談は1,000円〜。自分のタイプを知るための調査、歯科ドックをするのであれば、1回3万円。将来の治療費とかを防げると考えて自分への投資だとも考えられると思います。私自身は、2~3ヶ月に1回歯医者さんに通っていて、月で計算すると月々5,000円程度。年間6〜9万円くらいの予算をかけています。」



メンバー:「え〜!!美容院と同じ頻度で通っているんですね!すごい。お医者さんってなるべく行きたくないからなぁ…。」


出口さん:「わたし、ネイルはもうやめました。それより歯を大切にして綺麗な笑顔でいたいのです♪」


なるほど…!歯は最高の"ジュエリー"って言う理由が分かりました。

茜さんおふたり、ゲストでお越しいただきありがとうございました!



撮影:きんゆう女子。
みんなでパチリ。初参加のメンバーも♪右から鈴木さん、出口さん。




7月22日(火)のJPX*マネースクールの女子会コーナーにも、お越しいただこうと思っています。jy

JPX


きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より