きんゆう女子。

イベントレポート

最新Fintechを学ぼう♪ 〜副業・独立のおまもり withペイトナーさん〜開催レポート

きんゆう女子。では、金融や経済をプロやサービス提供者から学んだ後、アクションをすることで自分の判断軸を育てることを大切にしています。この女子会は、働き方が多様化する時代、独立・副業・兼業などの一歩を女性が踏み出す際に必要な金融リテラシーの向上のため、運営ポリシーに共感いただいたペイトナー株式会社のご協賛のもと企画・開催しました。詳しくは「with き」ページをご覧ください

2022.4.27up!

あず

こんにちは!
きんゆう女子。オフィシャルメンバーのあずです☺️

キャッシュレス決済サービスをはじめ、私たちの生活に欠かせない存在になっているFinTechサービス


フリーランスや副業・兼業・起業されている方に向け、報酬即日払いサービス「ペイトナー ファクタリング」を提供するペイトナー株式会社さんをお迎えして、最新のFinTechサービス情報のアップデートと、独立・副業に役立つFintechツールを学ぶ女子会を開催しました!

最新のFinTech事情

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。

FinTechサービスのうち、キャッシュレス決済・送金サービス、家計簿アプリは、みなさんにも馴染みがあるのではないでしょうか。最近では、資産運用や仮想通貨、保険、会計・経理の分野にも広がりを見せています。

(引用: FinTech企業カオスマップ2019


その他、女子会の中では最近日本で流行っている、BNPL(Buy now, Pay later)という後払いができるFintechサービスや暗号資産の一種のNFTについても学びました。


このように身の回りには、Fintechサービスで溢れており、知らず知らず当たり前のようにプライベートでも仕事でも利用していることに気づきました。💡

個人事業主?副業?正社員?働き方の多様化

きん女。メンバーの中でも関心の高い、働き方。

昨年10月に行った女子会「私らしい働き方〜副業・兼業について考えてみよう〜」でも、多くの方が副業や独立に興味を持っていることがわかりました。


2018年には厚生労働省がモデル規則を改定したことにより、働くひとの副業・兼業の実施は原則禁止から容認へ大きく風向きが変わっています。


また、近年ではリモートワークの普及によって、フリーランス人口が増加しているそうです。2021年時点で、過去最大の1,670万人に急増しました。(ランサーズフリーランス実態調査2021


更に、2016年に厚生労働省が発表した報告「働き方の未来 2035〜一人ひとりが輝くために〜」によると、2035年には情報技術の進歩により、時間や空間に縛られない働き方が主流になるそうです。


企業に属して仕事をする、という概念ではなく、1つのプロジェクトやミッションを遂行するのに必要なスキルのある人が集まり、そのプロジェクトが終了すると解散、また新しいプロジェクへそれぞれ参加していくようなスタイルになっていくそう。


人によっては、複数の会社の複数のプロジェクトに参加するなんていうことも、、、!


そのため、個人事業主と従業員との境が曖昧になり、副業・複業・兼業をしながら複数の収入源を持つ人も増えていくそうです。


(参考:厚生労働省「働き方の未来 2035〜一人ひとりが輝くために〜」)


今回の女子会の参加者さんでも、正社員として働きながら副業をしている方や、すでに個人事業主としていくつかのスキルを持ちながら、多様な収入源を持つ方もいらっしゃいました。


とはいえ、個人事業主・独立と聞いても一歩踏み出すのに勇気がいるのも事実です…🐾

ペイトナーさんはフリーランス・個人事業主の強い味方?

ペイトナー株式会社は、「スモールビジネスにやさしい支払い・請求で新しい挑戦を後押しする」というミッションのもと、”フリーランスのキャッシュパートナー”として、フリーランス向け報酬即日払いサービス「先払い」の開発を行っています。

サービスのひとつである、

ペイトナー ファクタリングとは、取引先に送った入金前の請求書情報を登録すると、報酬を即日受け取ることができるオンライン型サービスです。


つまり、取引先からの入金前に、請求書の金額から手数料の10%を差し引いた額をペイトナーさんが先払いをしてくれます。

最短10分で審査と入金をしてくれるので、急な支払いにも対応できる便利なサービスですね。


(引用:PR TIMESより)


なぜフリーランス・個人事業主に必要なサービスなのか?


会社員は毎月決まった金額がお給料として振り込まれますが、フリーランスはそうではありません。


通常、お仕事を納品した後、取引先に費用を請求してから入金されるまで1〜2ヶ月程度のタイムラグが発生します。そのため、請求金額が入金されるまで投資機会を得られなかったり、人件費を支払えなかったり、キャッシュフローに悩むタイミングが出てきます。


例えば、来月末に取引先から入金予定の20万円。今、そのお金の一部が手元にあれば最新のPCソフトが購入でき、現在商談している別案件の受注に繋がりそうなのに…!といったケース。


他にも、確定申告や税金の支払いの時期でまとまったお金が必要なとき、取引先の入金のタイミングを待つより今支払いたいというシーンも考えられますね。


そんな時、ペイトナーファクタリングのようなサービスがあると、手数料を差し引いても入金予定の現金が"今"手元にあることがメリットになる場合も!💡


このサービスには、資金に対する「不」を解消することで、次の成長機会を応援したいという熱い想いが込められています。人件費や機材等の先行投資など、クリエイティブなお仕事をされている方の利用率が高いようです。


ただし、注意点も!こういった便利なサービスがあるからといっても、資金繰りは厳し目に考えること。そして、お金の支払いタームの交渉をお取引先さんへすることもポイントです。


わたしたちも今後、フリーランスや個人事業主として働くことがあるかもしれません。

その時のためにこのような便利なFintechサービスを知っておくと、一歩踏み出すときに後押しをしてくれますね。😌

もし、わたしがペイトナーのアンバサダーだったら?

女子会では、インプットだけでなく、同時にアウトプットすることも大切にしています。

今回、ペイトナーさんのサービスをより多くのフリーランスや副業、兼業、起業といった働き方をしている人たちに知ってもらうにはどうしたら良いでしょうか?


もし、あなたが「ペイトナー ファクタリング」のアンバサダーだったら、どうやって広げていきますか?

グループワークで考えてみました♪





女子会の中ではこのような意見が出てきました!


・SNSの拡散力はすごいので、SNSを活用して広めていく。

・フリーランスで働いている友人がいるのでクチコミで広められそう

・クーポンやノベルティなど特典をつけて、利用してもらうハードルを下げてみる

・使い方動画のようなものを作成し、発信すると利用するイメージが湧きそう!

・このサービスは図式があるとわかりやすいので、パンフレットなど説明が簡単にできるアイテムがあると身近な人にも勧めやすそう。

女子会後、参加者メンバーからの感想。💭

「自分は会社員なので、フリーランスや個人事業主の方は入金までのタイムラグがあることを知らなかったので、その事実に驚きました。今後独立も視野に入れていたので、このようにフリーランスの方に寄り添って開発されているサービスがあるということを事前に知ることができてよかったです😊」


「今までこのようなサービスを知りませんでしたが、仕入れなどに大きな金額を必要とされる方が

いれば、とっても良いサービスだと思いました!手数料を差し引いても、その分大きな利益を出
せそうだなと感じました。」


働き方が多様化している時代。


どのような働き方を選んでも、自分らしく働けるよう、最新の金融情報、便利なサービスにアンテナを張っておくと一歩踏み出す時のおまもりになってくれると思いました☺️


そして、金融リテラシーを高めることで自分にとって本当に必要なサービスは何か?見極める力もつくと感じました!

皆さんも、お金に関するサービスを使うときは内容を理解して使うようにしましょう♪


ペイトナーさん、今回はありがとうございました♪

オフィシャルメンバー/セキュリテファンクラブメンバー/ライターあず

オフィシャルメンバー
セキュリテファンクラブ ライター担当。

Special Contents

スペシャルコンテンツ

Coming soon!

金融のお役立ち情報

金融に関する情報を集めていると不安に思ったり、相談したいことってありますよね。そんな時に役に立つ金融機関さんが発信している情報をまとめてみました。

送信中です...。