コラム

いらなくなったものを整理しよう

メルカリやジモティなどリサイクルできるサービスもありますが、今回はKOMEHYOにいっていらないものを売ってきました。身辺周りを整理したくなったとき、断捨離したくなったとき、現金を増やしたくなったとき、デパートなどで入手困難なものを購入したくなったとき…。そんなときは、身近な"市場(マーケット)"を利用してみては?

2017/8/7

こんにちは!

編集部のまりこです。


引越しを最近したので、その時にだいぶ洋服や小物、バックを整理しました。

その時に感じたことを書きたいと思います。


身近な、"市場(マーケット)"

今回ご紹介させて頂くのは「リユースデパートKOMEHYO」さんです。

知っている方もいるかもしれませんが、KOMEHYOさんは手軽にブランドグッズやユーズドファッションが手に入るお店ですが、一方でブランドグッズや服を売りたい人も来ています。


・服を買いに行く人

・服を売りにくる人


そう、KOMEHYOさんをはじめとするリユースデパートでは、古着を売るだけでなく一般の人が服を売ることができます。その場で査定してもらい、その場で売却することができる"市場(マーケット)"のようになっています。


引っ越しや衣替えの時期にもう着ない服を一斉に売りに出して、その場で新しい服を購入することも可能です。


メルカリやジモティなどリサイクルできるサービスも同じような仕組みで基本は、買いたい人と売りたい人のマッチング。


今回はわたしは引越しする日まで時間がなかったので、ひとまずすぐにその場で査定してもらえるKOMEHYOに行って売ってきました。


撮影:きんゆう女子。
スマホでなんでもできるようになって便利!


どんな風にして服を売れるの?

いざ、売ろうと思っても使ったことがないとちょっと敷居が高いもの。

どんな風にして服を売れるか簡単にご紹介します。


KOMEHYOさんで服を売るには、大きくわけて3種類の方法がありました。


①店舗の買取センターに行く

②宅配買取の手配をして自宅で査定してもらう

③LINEで査定を利用する


①の「店舗の買取センターに行く」

そのまま、簡単。近くのKOMEHYOさんの店舗にいって査定をする方法です。関東、名古屋・中部、関西、中国・九州エリアにお住まいの方は、近くにお店があるかもしれないので、ぜひとも一度HPをご確認ください。そのときの混み具合にもよりますが、数分~数10分程度で査定してもらえ、価格に納得できればその場で売ることが可能です!


②の「宅配買取の手配をして自宅で査定してもらう」

ジュエリー、時計、ブランドバッグ、洋服、靴、カメラ、楽器、着物などなど、幅広い買取に対応しています。

宅配キット(KOMEHYOさんから送られてくる箱のことです。いくつかサイズの種類があります。)を申し込んで、査定してもらいたいものを梱包し、宅配買取申込書を同封して指定の住所に送ります。

ご自身で持っている段ボールなどに梱包して送ることもできます。まずは査定金額を知って、実際に売るかどうか検討しましょう。※KOMEHYO ONLINE STOREへの登録が必要です。


③の「LINE査定を利用する」

査定だけとりあえずお願いしたい!というときには、もっとお手軽なサービスがあります。

LINEで友だちに「KOMEHYO」を追加して、査定したい品物の画像データを撮影したら、査定が開始されます。

まずは、査定金額だけ知って何を手放して何を新たに買うかを考え直してみるのもいいかもしれません。


服やバッグや時計などは、いざという時にお金にできる財産・資産ですよね。

札束や小銭のように目に見える形でなくとも、「お金にできるもの」としてきちっと管理していきたいものですね。


撮影:きんゆう女子。
お気に入りを長く大事に使いたいものです。


やっぱりリアルなお店で売りたい

今回、わたしは③のLINE査定をしたあとに、①を利用しました。


やっぱり、実際にお金に変えるときは一番分かりやすい方法を選びました。お店に持って行ってその場で査定してもらえるのは安心です。その場で交渉もしちゃったりして!


査定のお部屋は、待ち時間を過ごすため雑誌やお茶が用意されていたり快適でした。


結局、バックと服をを査定してもらったのですが思った以上に安い価格がついてしまいました。

そしてその値段だったら…と売るのをひとつやめてしまいました。


KOMEHYOのようにリアルな店舗がある場合は、「今すぐに」売りたいという時には便利ですが、「今すぐに」お金になるということは手数料も高いということだと感じました。


もしかしたら、フリマアプリで欲しい人が出てくるまで待てば、売りたい金額で売れたかもしれません。


そんな風に思った後、近くにボロボロのビルの3階にある質屋を見つけたので立ち寄ってみました。

売らなかったバックを査定してもらったら、少しだけ高く査定してくれました。


場所代も関係あるのかな、と思いました。


それから、バックを買う場合は最初からある程度売れるブランドを買わないと、綺麗でもほとんど値段がつかないという悲しいブランドもあることを知りました…。


撮影:きんゆう女子。
買ったときは、すごくテンション上がるけどその後いらなくなってしまうものは最初から買わない方がいいのかも。



身辺周りを整理したくなったとき
断捨離したくなったとき
現金を増やしたくなったとき
デパートなどで入手困難なものを購入したくなったとき


そんなときは、身近な"市場(マーケット)"を利用してみては?



きんゆう女子。編集部に
コメントしていただき、
誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを
参考に、「きんゆう女子。」をさらに
ブラッシュアップしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に、「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より