きんゆう女子。

コラム

お正月に関わるお金のはなし♪

2018年も終わり、新たな1年のスタート。1年のはじまりは、何かとお金がかかるもの。 今回のコラムはお正月にかかるお金のあれこれを調べてみました♪

2019.1.4up!

あけましておめでとうございます♪

きんゆう女子。編集部のぐっちーです。


2018年はどんな年だったでしょうか?

平成最後のお正月。2019年の始まりです。


お正月は何かとお金がかかりますよね。
帰省したり、親戚の方と会ったり・・・。


お正月に使うお金として

*お年賀

*子供たちへのお年玉

*おせち料理

*帰省にかかる交通費などがあります。



お年賀とは

新年の挨拶の際に添える贈り物

平均予算は2000円から3000円程度となっています。

相手が欲しいと思えるようなお酒やお菓子など、相手のことを考えて選ぶのが最適です♪


一番の楽しみ・・・?!

子供達が一番楽しみにしているであろうお年玉
私も毎年のお年玉がとても楽しみで、もらったら何を買おうかと考えていました。


お正月にもらうお金のことをなぜ「お年玉」というのでしょうか?


「お年玉」は、もともとはお餅でした。そのお餅はただのお餅ではなく、年の初めに年神様から新年の魂を分けてもらう、毎年1年分の力を授かると考えられていたそうです。


そして、その年神様からの頂いたお餅が「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたことから、「お年玉」という説が提唱されています。


お年玉が昔はお餅だったことにびっくり。

お餅も美味しいし嬉しいけど、好きなものが買えるお金のほうが嬉しいな〜なんて思ってしまいます(笑)



お正月にかかせないのは...

なんといっても「おせち料理」。


おせちには、幅広い価格と種類がありますよね。


おせちの中身には縁起のいいものが入っています。黒豆やかまぼこ、エビやタイなど・・・。
だいたい1万円以上するおせちが多いようです。


おせちの中でも数の子が大好きで、お正月にはたくさん数の子が食べられるので幸せです・・・(笑)
みなさんのお気に入りのおせちの中身って何ですか?



帰省するために一番必要となるのは...

やはり、交通費ですよね。


家族全員での帰省になると10万円以上かかる方もいらっしゃるはず。


年末年始はたくさんの人が電車や新幹線・飛行機を利用するので座席が取れなかったり、飛行機だと運賃が高くなってしまうもの。


航空チケットや新幹線の切符を直前でとると値段が高く、座席数が足りなかったり、座席が離れ離れになることもしばしば。


そのようなことを防ぐには、直前ではなく何ヶ月も前からとることが大切です。


飛行機のチケットは、数ヶ月前にとることで「早割」がききます。

予定が確実に決まっているのであれば早くとるのが吉ですね!



さいごに・・・

2019年のお正月はいかがでしたか?


私は今年も少しだけ「お年玉」をゲットすることができました♪


社会人になったら頂いた方へなにか恩返しをしなくてはと考えた2019年のお正月でした。




みなさま、2019年も「きんゆう女子。」をよろしくお願いいたしますm(_ _)m!

〜 #きんゆう女子 〜

きんゆう女子。編集部にコメントしていただき、誠にありがとうございます!

みなさまからいただいたコメントを参考に「きんゆう女子。」をさらにブラッシュアップしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

きんゆう女子。編集部より

読み込み中...。