きんゆう女子。

取材レポート

「大江戸温泉リート」の決算説明会に行ってみました♪

=Sponsored Contents= きんゆう女子。with コーポレートでは、座談会やプロジェクトを通じて理解を深めながらよりよい金融サービスにするために声を届けています。このレポートは読者の金融リテラシー・Jリートの理解度を上げるために、コミュニティ運営ポリシーに共感いただいている大江戸温泉アセットマネジメントさんのご協力のもと作成いたしました。

2020.2.14up!

きんゆう女子。編集部


こんにちは♪
きんゆう女子。編集部のリエ&ケイティです。


昨年に続いて、IR(あい・あーる)や決算書について興味津々な私たち。

1月22日(水)に「大江戸温泉リート投資法人(大江戸温泉リート)」の「決算説明会」に参加してきました!

「決算説明会」とは、年に何回か行われるプロの投資家向けに企業の業績や計画・戦略などを説明する会のことです。


「温泉」と聞くと癒やしをイメージしますが、リートの奥深さを知ることができました!


そもそも「決算」とは?


「決算」とは企業の1年間の収入・支出を計算し、利益や損失をまとめた数字を発表すること。


例えば、3月決算だった場合は4月1日から3月31日までの収入・支出を整理し、その内容を決算書として発表します。


投資家の重要な投資判断材料にもなる「決算書」の情報を、東京証券取引所では上場企業に対して、決算日から45日程度を目途に発表するようルール付けているのだそうです。







そして今回参加させていただいた「決算説明会」は、年に何回か行われるプロの投資家向けに企業の業績や計画・戦略などを説明する会のことです。


「決算説明会」に行くと会社の経営状態を学ぶことができたり直接経営陣の方の話が聞けたりと、より深く知ることができます。


会社の状況や、数字の背景について詳しく話が聞けて質問できるのは「決算説明会」ならではですね。



実際に「決算説明会」に行ってみた!


実際に「大江戸温泉リート」の第7期決算説明会に参加してきました。


そもそもリートとは、不動産に間接的に投資ができる金融商品で、証券市場に上場されています。 

日本では60投資法人以上のリートがあり、それらを1つにまとめてJ-REIT(日本(Japan)のリート(REIT))と呼んでいます。


「大江戸温泉リート」もそのJ-REITの中の1つです。


「決算説明会」が始まり「大江戸温泉リート」の特徴について説明がありました。


大きな特徴として、「安定」と「成長」を両立させるハイブリッド型ポートフォリオで構築されています。


具体的には次の通り。


「安定」:大江戸温泉物語グループが運営する、大江戸モデルが導入された温泉・温浴関連施設へ重点的に投資をする


「成長」:新しいタイプの宿泊施設・レジャー施設などに投資を行う


ちなみに「大江戸モデル」とは、大江戸温泉物語グループ独自のビジネスモデルのこと。


高品質のサービスをお手頃な価格で提供することができるように、出店計画、商品計画、仕入れ、宣伝等を本部が一括管理するなど効率よくするために独自で工夫をされています。


詳しくはこちらのページも参考にしてみてくださいね。

大江戸温泉物語グループについて




より興味を持ったポイントはここ♪


特徴を学んだ後も、第7期(2019年11月期)の収益状況の報告や今後の展開などについても深掘りしました!


中でも昨年上陸した台風のお話に興味が湧きました。


2019年8月~10月に上陸した台風10号・15号・19号の影響によって一時営業停止や稼働低下になった施設があり、変動賃料の低下が見られました。


「利益保険」に加入しているということで、今後は保険会社と調整を行い保険金を受け取れる可能性もあるそうです。



「利益保険」という単語をはじめて聞いたので調べてみました。


きんゆう単語:「利益保険」とは?
災害や事故などにより企業の責任によらない売上ダウン分が見込まれた場合は、そのマイナス分(逸失利益)や活動を立て直すまでにかかった費用の全額または一部をカバーしてくれる保険。 



災害のための「保険」に加入できるイメージが全くなかったので、実際に「決算説明会」に参加して新しい学びを受け取れました。


やはり、投資先のことを知るには書類を読むよりも、実際にお話を聞くほうが頭に入って来るなと思いました。


私が「決算説明会」で感じた「大江戸温泉リート」魅力はここ!


「大江戸モデル」が導入された温泉・温浴関連施設は、シニア層を中心とする幅広い顧客層からの継続的な支持により、安定収益と持続的成長を見込むことができると考えているとのことでした。


お話の中で私が特に魅力に感じたことは、土地を有効活用するための新しい取り組みについてです。


大江戸温泉物語グループの施設の1つで香川県にあるレオマリゾートは敷地が広いことから、温泉施設からの家賃収入以外にも、駐車場等の一部約8万6千㎡(東京ドーム1.8個分)を太陽光発電事業者に貸し出す新しい取り組みをスタートするとのこと。

(ちなみに、東京ドームの建築面積は、46,755㎡とされています。)


環境に優しい企業コラボは、SDGsの取り組みの1つとしてより注目されそうですよね!
温泉♨️×〇〇のかけ合わせが、これからも増えていきそうでワクワクしました。




また一方で施設ごとの賃料にバラツキがあるため、その改善にも力をいれているとのこと。
例えば、家族連れのお客様にも引き続き遊びに来てもらえるよう直行バスの新設をするなどいろいろと施策を練っているようです!


そして施設の改善だけでなく、リスク分散のために既存のポートフォリオとは異なるタイプの物件も取得していく方針というお話もありました。


不動産の流動性を高めるために都市部への投資や、その他にもスポンサー物件にとどまらずエンターテインメント・アミューズメント・温浴施設などの多様なタイプの物件への投資を検討しているそうです。


このように、投資家の皆さんへ、「大江戸温泉リート」の現在の課題と、そのための戦略についての話があり、投資家さんへの情報をオープンにしていることがとても伝わってきました。


「大江戸温泉リート」の未来を見据えて新しい取り組みを行っていく運用方針が、投資家だけではなく、施設のお客様により楽しんでもらえるサービスを生み出していくのだと思いました。


エンターテインメントが楽しい「大江戸温泉リート」で未来の資産づくり!


最後に日本や世界の状況についてのお話がありました。


「日本人は温泉が好き」というイメージがありますが、それを裏付けるデータとして、環境省の温泉利用状況調査における宿泊利用人数は2010年度以降も1.2億人超えをキープしています。


次に、世界に目を向けてみると最近は「モノ消費からコト消費」になっているといいます。

外国人観光客の爆買いなどが話題になった時期もありますが変化してきているのですね。


特に外国人観光客が、日本で体験したいものの1つに、「温泉」も主要な項目として入っているのだとか。


これらの背景を踏まえて、5年後の資産規模として1,750~2,200億円を目指しているそうです!


そのためにはまずは本格ポートフォリオ構築期間としてしっかりと土台をつくり、次に資産規模の拡大を目指していくというお話がありました。


女子会にゲストに来ていただいた皆さんにもお会いできました!


リートの説明会・勉強会に参加しては?


「決算説明会」に参加して「大江戸温泉リート」について「数字」と「施設での取り組み」の2つの視点から学ぶことができました


「もっと「リート」について知りたい!」という人はリートの説明会・勉強会なども開催されているので参加してみてはいかがでしょうか。


すべての投資家のための不動産投信情報ポータル (JAPAN-REIT.com)

日経イベント&セミナー(Jリートのイベント一覧)


また、「大江戸温泉リート」の説明会も各地で開催されるそうなので、「レポートよりももっと知りたい。」「大江戸温泉物語グループが大好き!」という方は足を運んでみてくださいね。


[PR]💌「大江戸温泉リート」セミナー情報✏️    
*「大江戸温泉リート」についてだけでなく上場企業のお話が聞ける機会です。決算説明会を実際に聞きに行ってみたい方は参加してみてくださいね。


2月23日(日)13:00~16:30 個人投資家向けセミナーin宇都宮

2月29日(土)13:00~16:30 個人投資家向けセミナーin神戸



Q&A


「決算説明会」でわからなかったことを後日「大江戸温泉リート」を運用している「大江戸温泉アセットマネジメント株式会社」財務部長の本多さんに聞いてみました!


編集部「企業の決算は1年に1回のイメージがありますが、リートは半年に1回決算を行うのでしょうか?

違いについて教えてください!」


本多さん「まず、前提として投資家さんに分配金を還元するタイミングは決算に基づいて決まっています。

また、分配金の原資が賃料であるJリートは、事業会社などに比べると、投資家に分配金を出しやすい金融商品であり、かつ利益の90%超を分配すれば実質的に法人税がかからないんです。

こういった背景からJリートの多くは、年に2回決算を行っています。(年1回決算のJリートもあります。)」


編集部「利益の90%も投資家さんに分配金として還元しているのですね!それは投資家さんとして嬉しいですね!

次に、「5年後の資産規模の目標は1,750~2,200億円」というお話がありましたが、具体的にどのくらいの規模なのでしょうか?何件の施設に投資ができる金額なのか気になります!」


本多さん「あくまで目標であって、お約束するものではありませんが、例えば2,200億円の資産規模であれば、現在保有している「鬼怒川観光ホテル」が50棟以上保有できる規模となります。」


編集部「50棟以上の規模感なのですね!これからも楽しめる大江戸温泉物語グループの施設が増えていくことを楽しみにしています。最後に本多さんが思う「温泉リート」の一番の魅力を教えてください!」


本多さん「大江戸モデルに支えられた安定した施設運営、魅力的な投資主優待制度、余暇市場を背景とした高い成長可能性の3つです!」


編集部「ありがとうございます!今日の決算説明会で本当にその通りだなと思いました!

投資主優待制度もない企業もあると聞いたことがあるのでとても投資家さんにとって嬉しい制度ですよね。」

 


おまけ!大江戸温泉物語グループ!魅力ある温泉がずらり!


大江戸温泉物語グループといえば、朝夕の豪華なバイキングやその地域にあわせた温泉施設づくりが魅力ですよね!


例えば


大江戸温泉物語 あたみ

→首都圏にも近く週末の「女子旅」でも多く利用されています!

温泉街で海鮮を食べたり、海を感じながらゆっくりしたりできます!


写真提供:大江戸温泉アセットマネジメント株式会社



鬼怒川観光ホテル

→栃木県の鬼怒川エリア。日光東照宮や中禅寺湖も近いため、パワースポットめぐりにもおすすめ。

東京の奥座敷として古くから知られている温泉街です♪


写真提供:大江戸温泉アセットマネジメント株式会社



大江戸温泉物語 長崎ホテル清風

→すこし遠出するなら長崎がいかがでしょう?

この施設が位置する「稲佐山」は夜景の名所として知られています。

モナコ・香港とならぶ世界新三大夜景として認定されているのだとか!!


写真提供:大江戸温泉アセットマネジメント株式会社



他にもいろいろな施設があるのでチェックしてみてくださいね♪



*関連情報

大江戸温泉リート投資法人[3472]


大江戸温泉アセットマネジメント株式会社


大江戸温泉物語グループ



このレポートは読者の金融リテラシー・Jリートの理解度を上げるために、コミュニティ運営ポリシーに共感いただいている大江戸温泉アセットマネジメントさんのご協力のもと作成いたしました。


きんゆう女子。with コーポレートでは、座談会やプロジェクトを通じて理解を深めながらよりよい金融サービスにするために声を届けています。


コミュニティ運営ポリシー

どの金融機関にも属さないポジションで、公正な情報発信及び表現を行います。 表現内容は、運営メンバーや参加メンバーの個人の意見を反映させた内容であり金融機関等の指示を受けて作成したものではありません。また、いかなる投稿も投資や特定の金融商品を推奨・勧誘するものではありません。


このレポートを書いた人

編集部きんゆう女子。編集部

きんゆう女子。コミュニティサイトを管理しています。金融・経済に関する気になったこと、みんなから寄せられた声、金融でお勤めの方や上場企業IR担当の方への取材インタビュー、イベント参加レポートなど、ゆる〜く書いていきます♪

読み込み中...。