きんゆう女子。

コラム

「こどもとおかね」キャッシュレス旅 in UK

夏休みにイギリス・ケンブリッジへ語学留学に行っていた娘のキャッシュレス事情をレポートしてもらいました。

2019.9.3up!

こんにちは。

きんゆう女子。編集部 れいです。


夏休みにイギリス・ケンブリッジへ語学留学に行っていた娘(高校1年生)に、

キャッシュレス事情をレポートしてもらいました。


ここからのレポートは娘にバトンタッチします!

成田から一人で出発しました!



留学先でのキャッシュレスのお話

私は今回、夏休みを利用してイギリスのケンブリッジに語学留学してきました。


ケンブリッジはロンドンから電車で1時間弱のところにあり、大学(カレッジ)が多くあることで有名です。

学生街らしく、いろんなお店で学割が使えました。


ケンブリッジにあるカレッジ。芝生がきれい。



ケンブリッジの街並みを上から。



みなさんは外出をする時、お財布の中にはどれくらいのお金が入っていますか?

きっとほとんどの人が現金、クレジットカード、そこに少しのポイントカードなどを持ち歩いていると思います。


今回のイギリス滞在中は、ほとんどの店でクレジットカードを使うことができ、

現金で払わないといけない場面はほとんどありませんでした。


道路に出ているアイスクリームの移動販売車でさえクレジットカードを使うことができました。


アイスクリームの移動販売車でもキャッシュレス。Apple PayとAndroid Payのマークが!



日本ではあまり見かけないAndroid Payなどのロゴも発見しました。


キャッシュレスの1番のメリットとして、お財布が小銭で重くならないことだと思います。


また、海外では日本よりも数倍スリにあいやすいと言われているので、大量の現金を持ち歩くより、

少しの現金とカード1枚という方がスリにあった時の被害は少し軽くなるはずです。


タトゥープリントもお店で簡単に、しかもキャッシュレス!



イギリスにはいろいろな国から留学生が来ていて、

そのほとんどの子がクレジットカードやデビットカードを持っていました。


普通なら海外でキャッシュを使うとコインがたくさん返ってきます。

コインの計算がうまくできなくて、慣れるまでコインばかり貯まってしまいます。


でもデビットカードはお釣りが返ってこないので、楽に買い物することができました。


日本でよく使われているクレジットカードは残念ながらあまり使えませんでした。


新しい発見があった旅でした


私が1番驚いた事は、小さな屋台などでもカードが利用できたことです。


私の周りのお友達の中はまだまだ「キャッシュレス」は浸透していないですが、

フェスとかライブに遊びに行くときは荷物を少なく身軽にしたいのでキャッシュレスなお財布がいいと思いました。


これからもいろいろな国に行って、そういう日本と違う小さな発見を沢山したいです。


イギリスの通貨ポンドの紙幣とコイン。
紙幣は紙ではなくプラスチック製なので濡れても大丈夫。コインは種類も多く慣れるのに時間がかかりました。



来年はどこに行こうかな〜ともうすでに考えている娘...。


いろんな国のお友達ができることはとてもいいと思うので、今からわたしも頑張らなくちゃ♪

このレポートを書いた人

編集部れい

きんゆう女子。編集部のれいです。二人の子供のママ業もやってます。

〜 #きんゆう女子 〜

読み込み中...。